サノフィ株式会社

DMTOWN

サノフィ株式会社 患者向け糖尿病情報サイト

サノフィ 医療関係者向け 製品情報サイトはこちら

インスリン療法へ不安をお持ちの方へ

世界的にもポピュラーな治療法

米国糖尿病学会(ADA)や欧州糖尿病学会(EASD)では、様々な試験の結果を踏まえてインスリン治療を糖尿病治療に組み込むことを推奨しています。ADAやEASDでは、網膜症、腎症、神経障害などの合併症は血糖コントロールをすることで予防が可能であるとしたうえで、「より重要なのは、糖尿病治療を出来る限り早くから行うことであり、それによって心臓の病気(心筋梗塞・狭心症など)も抑えることができる」としています。インスリン治療はADAやEASDによる治療ガイドラインにおいて早期からの導入が推奨されており、世界的にもポピュラーな治療法です1) 2)。日本においても、最近では臨床現場で同様にインスリンの外来での投与を早めに開始するケースが増えてきています。

早期にインスリン治療をイメージ図

1) Inzucchi SE et al.: Diabetologia, 58(3):429-442, 2015
2) American Diabetes Association.: Diabetes Care, 41(Suppl 1):S13-S27, 2018

同じカテゴリーのページ

監修:東京医科大学 内科学第三講座 主任教授 小田原 雅人 先生

最終更新日:2019年12月2日Zinc Code:SAJP.DIA.19.11.3967

Copyright ©2012-2019 Sanofi K.K All rights reserved.