サノフィ株式会社

DMTOWN

サノフィ株式会社 患者向け糖尿病情報サイト

サノフィ 医療関係者向け 製品情報サイトはこちら

インスリン療法へ不安をお持ちの方へ

なぜ早く始めたほうがよいのか?

インスリンは、すい臓の働きによって作られています。血糖が高い状態が続くと血糖値を下げるためにすい臓はインスリンを出そうと常に働き続けます。その結果、インスリンの分泌は徐々に少なくなり、やがては分泌そのものがなくなってしまう危険があります。糖尿病と診断された時点で、既にインスリン分泌は健康な人の約半分に低下しているという調査結果も報告されています(図)。

Mudaliar S, et al.:Endocrinol Metab Clin North Am 30(4):935-982, 2001
UKPDSGroup:Diabetes 44(11):1249-1258, 1995

インスリンを体外から補充することによって、無理にインスリンを出そうとするすい臓の働きすぎを防ぎ、疲れたすい臓を一時的に休めることができます。インスリン治療によってすい臓の働きが回復したら、インスリン注射の回数を減らせたり、経口血糖降下薬だけの治療に戻せる可能性もあります。
すい臓の機能が低下する前にできるだけ早くインスリン治療を開始して、よりよい血糖コントロールをめざすのです。

同じカテゴリーのページ

監修:東京医科大学 内科学第三講座 主任教授 小田原 雅人 先生

最終更新日:2019年12月2日Zinc Code:SAJP.DIA.19.11.3967

Copyright ©2012-2019 Sanofi K.K All rights reserved.