サノフィ株式会社

DMTOWN

サノフィ株式会社 患者向け糖尿病情報サイト

サノフィ 医療関係者向け 製品情報サイトはこちら

DMTOWN Q&A

主婦・パートの方

パートや家事・子育てで、日中は時間が取れないことが多い。
健康診断は自分で受けなければいけない。

仕事や家事に支障はありますか?

家事やパートのことを考えると、インスリン治療による入院の難しさ、
人前での注射に抵抗があります。仕事や家事に支障はありますでしょうか?

川口祐司先生

今までの考え方では、インスリン治療開始の際にまず入院いただいて、食事・運動療法と合わせて指導することが多かったのですが、近年ではご相談のように入院が困難な患者さんが多いため、外来でインスリン治療を導入するケースが増えてきました。

BOT(Basal Supported Oral Therapy)と呼ばれる治療法では、これまでの飲み薬を続けたまま上乗せする形でインスリン注射を始めます。薬の継続から入る治療法ですので、インスリンの注射量を抑えることができ、外来でも比較的安全に始めることができます。

BOTは基本1日1回の注射ですから、朝か寝る前に注射をすれば人前で注射をする必要がなく、仕事や家事にも支障は出にくいと思います。より安全に、より安心してインスリン治療を始めていただくために、生活に無理のない“あなたに合った始め方”について、主治医の先生や看護師、薬剤師などへよくご相談されることをお勧めいたします。

先生からのメッセージ

インスリン治療を始められる前は、通院の手間や、大変、怖いなど、様々な不安を口にされる患者さんが少なくありません。しかし、BOTを始められた患者さんからは、「自分の血糖値を見るのが楽しみになって治療のモチベーションがあがった」、「痛みはほとんどなく、デバイスもコンパクトなので注射への不安が払拭された」、「1日1回なので打ち忘れることがほとんどない」といった様々な声を伺います。通院頻度に限らず、不安や要望があれば、なんでもご相談いただければと思います。

川口祐司先生

川口祐司先生

施設名:社会医療法人景岳会 南大阪病院
診療科:内科

社会医療法人景岳会 南大阪病院

〒559-0012
大阪府大阪市住之江区東加賀屋1-18-18
Tel:06-6685-0221(代表)

監修:東京医科大学 内科学第三講座 主任教授 小田原 雅人 先生

最終更新日:2019年12月2日Zinc Code:SAJP.DIA.19.11.3967

Copyright ©2012-2020 Sanofi K.K All rights reserved.