サノフィ株式会社

DMTOWN

サノフィ株式会社 患者向け糖尿病情報サイト

サノフィ 医療関係者向け 製品情報サイトはこちら

DMTOWN Q&A

自営業の方

代わりの人間がおらず、休みを取るのが難しい。
健康診断は自分で受けなければいけない。

糖尿病と診断され、すぐにインスリン治療を行うのは?

普段、健康診断を受けていなかったのですが、
久しぶりの病院で、糖尿病と診断されすぐにインスリン治療を勧められました。
治療の最初からインスリン治療を行うことなどあるのでしょうか?

有井薫先生

病院で診察を受け、突然インスリン治療を勧められ、とても驚かれたかと思います。しかし、健康診断を定期的に受診していない方などでは、血糖値が非常に高い状態で発見されることもあり、糖尿病の治療開始とともにインスリン治療を開始するということもあります。

「糖毒性」という言葉をご存じでしょうか?聞き慣れない言葉かもしれませんが、実は、血糖値が高い患者さんの治療を行う上で、急いで対処すべき重要な問題なのです。血糖値を下げるインスリンはすい臓が出しています。高すぎる血糖は、「インスリンをすい臓が出すこと」を阻害するだけでなく、「インスリンの血糖値を下げる働き」までも阻害してしまい、さらなる高血糖状態を引き寄せます。このような高血糖が高血糖を引き寄せる悪循環を「糖毒性」といいます。この悪循環「糖毒性」を断ち切るために、インスリンを直接体内へ補充するインスリン治療が有用となるのです。

また、最初からインスリン治療を始めたからといって、一生そのままということもありません。インスリン注射を始めても、血糖コントロールの状況によっては、飲み薬だけの治療へと切り替えることも十分にあり得ますし、すい臓が元気に働く余力を残している場合には、食事や運動療法だけの治療で済むようになる場合もあります。決して、「インスリン≒最後の手段」というわけではないのです。

患者さんの病状に応じて、インスリン治療をより治療の早期から開始する流れは広がっています。将来の合併症の予防に向けて、ぜひ前向きに考えてみてはいかがでしょうか。

先生からのメッセージ

今まで、ご自身の体力に自信があった患者さんにとっては、糖尿病であると診断されたことを受け入れることから治療が始まるのではないでしょうか。
私が診ている患者さんの中には、糖尿病と分かってから生活に対する意識が180度変化した方もいらっしゃいます。以前は甘いものを好きなだけ食べていたそうですが、今ではご自身の体調を気づかうようになり、食事療法や運動療法など、進んで取り組まれています。これからも元気に働き、生活していくために、まずはご自身の健康について意識し、主治医の先生と相談しながら治療を積極的に進めていってはいかがでしょうか。

有井薫先生

有井薫先生

施設名:日本赤十字社 高知赤十字病院
診療科:内科

日本赤十字社 高知赤十字病院

〒780-8562
高知県高知市新本町2-13-51
Tel:088-822-1201(代表)

監修:東京医科大学 内科学第三講座 主任教授 小田原 雅人 先生

最終更新日:2019年12月2日Zinc Code:SAJP.DIA.19.11.3967

Copyright ©2012-2020 Sanofi K.K All rights reserved.