サノフィ株式会社

DMTOWN

サノフィ株式会社 患者向け糖尿病情報サイト

サノフィ 医療関係者向け 製品情報サイトはこちら

DMTOWN Q&A

勤務時間が不規則な方

交代制の勤務や徹夜の作業で、昼と夜が逆転しがち。
規則的な食事・睡眠をとることが難しい。

不規則な生活でも、インスリン治療は可能?

シフトやお客さんの状況により、日によって働く時間も変わり、
生活のリズムや1日の睡眠時間も非常にバラバラです。
このような不規則な生活を送っていても、インスリン治療は可能ですか?

小澤直子先生

糖尿病治療において、規則正しい生活を送ること、特に規則正しい食生活は大変重要です。
しかし、あなたと同じように、私の患者さんにも、お客さんの状況によって忙しさが変わる飲食店に勤務されている方や、シフト制の勤務の方など、お仕事の都合上やむを得ず不規則な生活を送っている方も多くいらっしゃいます。そのような方でも、インスリン治療で良好な血糖コントロールが得られている場合は少なくありません。というのも、現在インスリン注射と一口に言っても実は一種類ではなく、効果が現れるまでのタイミングと、効果の持続時間によっていくつかの種類に分けられるため、患者さんの病状やライフスタイルによって適した選択が可能になっているからです。
中でも、超速効型と呼ばれるタイプのインスリンであれば、食事の時間が不規則であっても食事の直前に注射をすればよいので、生活のリズムが不規則な場合でもインスリン治療を始めることは可能だと思います。まずは主治医の先生によく相談されて、あなたにあった治療法をみつけてください。

先生からのメッセージ

勤務中にインスリン注射をすることが難しい方でも、病状によっては、飲み薬を続けながら持効型と呼ばれる効果が長く続くインスリンを自宅で1日1回だけ注射する方法で血糖コントロールが改善する方もいらっしゃいます。
また、患者さんの中には、インスリンを始めたら食事も注射も決まった時間にしないといけないと考えられて、そのためにインスリン治療をためらう場合も少なくありません。
しかし、食事の時間が多少不規則でも、それに対応できるインスリン治療もありますので、主治医の先生に、あなたのライフスタイルについてお話しして、あなたにあった治療を始めてみてください。

小澤直子先生

小澤直子先生

施設名:草加市立病院
診療科:内分泌・代謝内科

草加市立病院

〒340-8560
埼玉県草加市草加2-21-1
Tel:048-946-2200(代表)

監修:東京医科大学 内科学第三講座 主任教授 小田原 雅人 先生

最終更新日:2019年12月2日Zinc Code:SAJP.DIA.19.11.3967

Copyright ©2012-2020 Sanofi K.K All rights reserved.