ページの先頭です。

このページのスキップメニューです。
このページの本文
グローバルメニュー
このカテゴリー内のサブカテゴリーメニュー
フッターサイトマップ
トップページ
健診していますか?
糖尿病が気になる人へ
糖尿病と上手に暮らすために
糖尿病の人に出会ったらどうする?

こんなときどうする?

シックデイになったら?

シックデイになったら?

毎日の生活のなかでは風邪や下痢など、体調が崩れてしまう日があります。糖尿病治療中に風邪などの感染症や発熱、下痢、腹痛などや食欲不振になって食事ができないなど体調を崩した日をシックデイと呼びます。
シックデイのときは、血糖コントロールが良好な場合でも血糖値が日常レベルよりも上がってしまい高血糖やケトアシドーシスが起こりやすくなります。
特にインスリン療法を行っている患者さんは、食事がとれなくなっても自己判断でインスリン注射を中断してはいけません。シックデイになったときには、必ず主治医に連絡して指示を受けるようにしましょう。症状が強い場合には、すぐに医療機関に受診して対処してもらうことが重要になります。

食事ができる場合の対処は?

まず、十分な水分をとって脱水に注意します。脱水は低血糖を助長しますので、特に発熱がみられるときには十分に水分をとりましょう。

  • 短時間で回復しそうなとき
    →経口血糖降下薬は基本的に継続されます。インスリン注射をしている場合はいつもより増量して、血糖自己測定を参考にさらに調整していきます。
  • 回復に時間がかかりそうなとき
    →SU薬や速効型インスリン分泌促進薬(グリニド系)を服用している場合は、血糖値の上昇が起こりそうであれば増量します。それでも高血糖が続いたり、すでに最大量のSU薬を服用していて増量できない場合は、すぐにインスリン療法に切り替えられます。これは、高血糖が続くと治癒が遅れるばかりか、糖尿病自体の悪化につながるからです。シックデイから回復すれば、状況をみてまた今までの治療に戻していきます。

食欲があまりない場合の対処は?

腹痛や嘔吐、下痢など消化器症状で食事がとれないときでも安易に糖尿病薬を中断してはいけません。ストレスや脱水などにより極度の血糖値上昇をきたして糖尿病性ケトアシドーシス非ケトン性高浸透圧性昏睡などを起こすことがあります。食欲がなくても、日ごろ食べなれている口当たりがよく消化のよい食べ物(お粥、アイスクリーム、果物、スープ、ジュース)を組み合わせて、できるだけ指示カロリーに近づけるようにして、絶食のないようにします。指示カロリーに満たない場合には、食事量や状態に応じて糖尿病薬を減量します。


入院が必要になるとき

  • 嘔吐や下痢が止まらず、食事が全くできないとき
  • 高熱が続いて、尿中ケトン体が強陽性または血中ケトン体高値(3mM以上)、血糖値が350mg/dL以上のとき
  • いつもと比べて血糖値が異常に上昇したとき
  • シックデイの原因となる病気自体の入院治療が必要なとき

これらの場合の多くでは脱水をきたしている可能性が高いので、入院中は速効型インスリンによる治療と輸液による水分と栄養管理が行われます。食事ができるようになれば、様子をみながらいつもの状態に戻していきます。


1型糖尿病のシックデイ時のインスリン注射は?

1型糖尿病では、インスリンを分泌する能力が低下しているか全くないため、基礎分泌を持効型溶解型または中間型インスリンで、追加分泌を超速効型または速効型インスリンで補っています。そのため、1型糖尿病では、シックデイで食事がとれなくなっても基礎分泌に変わる持効型溶解型または中間型インスリンの注射は原則として投与量を変更せずに、追加分泌の分の超速効型または速効型インスリンのほうを血糖値や食事の量に応じて調整していきます。インスリンを完全に中断してしまうと、インスリン欠乏や糖利用障害が起こり、ケトン体の産生が進んでしまいケトアシドーシスを起こしてしまうことがあります。

ページ先頭へ戻る
DM TOWNトップページへ
糖尿病について
「健診」していますか?
糖尿病が気になる人へ
糖尿病と上手に暮らすために
糖尿病の人に出会ったらどうする?
糖尿病トピックス一覧
サイトマップ
ご利用に際して