ページの先頭です。

このページのスキップメニューです。
このページの本文
グローバルメニュー
このカテゴリー内のサブカテゴリーメニュー
フッターサイトマップ
トップページ
健診していますか?
糖尿病が気になる人へ
糖尿病と上手に暮らすために
糖尿病の人に出会ったらどうする?

おいしい健康レシピ

監修: 本田佳子 女子栄養大学栄養学部医療栄養学教授

海老芋のゆじ 1人前153 kcal(1.9単位)

食材

海老芋
 『海老芋』は、親から子へと次々と増え成長することから縁起物として重用されている。京都の伝統野菜に指定されているが、享保(1716〜1736)の頃、青蓮院の門跡が九州を巡行した際、海老のような縞模様のある芋を持ち帰って栽培したことが始まりといわれている。その形状、姿から『海老芋』と名付けられた。粘り気に富んだ粉質の肉質、よく締まった風味を持つのが特徴で、葉柄は芋茎(ずいき)として食される。何度も土寄せを行うという特別な栽培方法をとることで、形が海老のように曲がってくる。
 油じ(ゆじ)は下味をつけた野菜などを唐揚げにしたもので、普茶(ふちゃ)料理(りょうり)の一つである。「普茶」とは「普(あまね)く衆人に茶を施す」という意味であり、席に上下の隔たりなく一卓に四人が座して和気藹藹のうちに料理を残さず食するのが普茶の作法である。

材料(1人前)
海老芋 80g
コンブ 2g
かつおぶし 2g
薄口醤油 5cc
5cc
上新粉 8g
8g
1g
作り方
1
海老芋は泥を落として皮をむき、さっと湯でこぼす
2
コンブ・かつおぶしでとっただし汁に、薄口醤油、酒を入れ、(1)の海老芋をやや固めに煮る
3
(2)の海老芋に上新粉をつけ、熱した油で揚げる
4
塩は炒って海老芋に添える

おいしい健康レシピ

ページ先頭へ戻る
DM TOWNトップページへ
糖尿病について
「健診」していますか?
糖尿病が気になる人へ
糖尿病と上手に暮らすために
糖尿病の人に出会ったらどうする?
糖尿病トピックス一覧
サイトマップ
ご利用に際して