ページの先頭です。

このページのスキップメニューです。
このページの本文
グローバルメニュー
このカテゴリー内のサブカテゴリーメニュー
フッターサイトマップ
トップページ
健診していますか?
糖尿病が気になる人へ
糖尿病と上手に暮らすために
糖尿病の人に出会ったらどうする?

病院に行ったら:診断

診断のための検査−検査値

糖尿病診断のための検査にはどんなものがある?

血糖値は食事と関係があります。食事をした後は、吸収されたブドウ糖が血液の中に入って血糖値が上がりますが、健康な人であればすぐにインスリンが分泌されて下がっていきます。

健康な人のインスリン分泌の1日のパターンイメージ

糖尿病診断のための検査は、食事の影響によって変動する血糖値測定のタイミングを3つに分けたものです。

随時血糖検査

  • 食後からの時間を決めないで採血し、血糖値を測る検査です
  • 随時血糖値が200mg/dL以上ある場合は、「糖尿病型」と診断されます

早朝空腹時血糖検査

  • 検査当日の朝食を抜いた空腹の状態で採血し、血糖値を測る検査です
  • 早朝空腹時血糖値が126mg/dL以上ある場合は、「糖尿病型」と診断されます

75gOGTT(75g経口ブドウ糖負荷試験)

  • 検査当日の朝まで10時間以上絶食した空腹のまま採血し、血糖値を測ります。次に、ブドウ糖液(ブドウ糖75gを水に溶かしたもの、またはデンプン分解産物相当量)を飲み、ブドウ糖負荷後、30分、1時間と2時間後に採血し、血糖値を測るという検査です
  • ただし、自覚症状などから明らかな高血糖が考えられる患者さんに75gOGTTを行うと、さらに高血糖を引き起こすリスクがあるため、この検査は糖尿病診断に必須ではありません
  • 75gOGTTで2時間値200mg/dL以上ある場合は、「糖尿病型」と診断されます

上記の3つの検査のうち、いずれかの血糖値に異常があれば「糖尿病型」と診断されます。

別の日にもう一度検査をして、ふたたび血糖値に異常があって糖尿病型と診断された場合、「糖尿病」と確定診断されます。

14のいずれかが確認された場合は「糖尿病型」と判定されます。ただし13いずれかと4が確認された場合には、糖尿病と診断されます。

1
早朝空腹時血糖値注1)126mg/dL以上
2
75gOGTT2時間値200mg/dL以上
3
随時血糖値*200mg/dL以上
4
HbA1C(JDS値)が6.1%以上
[HbA1C(国際標準値)が6.5%以上]

5および6の血糖値が確認された場合には、「正常型」と診断されます。

5
早朝空腹時血糖値110mg/dL未満
6
75gOGTT2時間値140mg/dL未満
  • 上記の「糖尿病型」「正常型」いずれにも属さない場合は「境界型」と判定されます。
日本糖尿病学会 編:糖尿病治療ガイド 2010 p16, 文光堂, 2010を参考に作成

空腹時血糖値および75g経口ブドウ糖負荷試験(75gOGTT)による判定区分と判定基準

境界型って?

糖尿病の診断基準には、「糖尿病型」、「正常型」いずれにも該当しない「境界型」というグループがあります。

「境界型」といっても「糖尿病型」ではないから安心?残念ながら、そういうことではないのです。

「境界型」とは、今の生活をこのまま続けると、近い将来、糖尿病になったり、合併症を起こしたりする可能性がある状態、つまり「糖尿病型」に準じた状態なのです。

しかし、この段階で偏った食事や嗜好品の習慣、運動不足などのライフスタイルを積極的に改善したり、また、高血圧や脂質異常症(高脂血症)があれば薬などで治療したりすることで、糖尿病発症を高い確率で抑えられることがわかっています。

ページ先頭へ戻る