ページの先頭です。

このページのスキップメニューです。
このページの本文
グローバルメニュー
このカテゴリー内のサブカテゴリーメニュー
フッターサイトマップ
トップページ
健診していますか?
糖尿病が気になる人へ
糖尿病と上手に暮らすために
糖尿病の人に出会ったらどうする?

糖尿病を本当に知ろう

糖尿病をそのままにしておくと

糖尿病になると、私たちの体はいったいどうなってしまうのでしょうか?

血糖値が高いままの生活を続けると、血管がもろく、ボロボロになってしまういわゆる血管病になります。
そして、全身にネットワークを結んでいる血管と神経が、血糖値の高い状態が続くことで侵され、適正な栄養の供給が途絶えて全身の臓器にさまざまな障害が起こってくるのです。これは、糖尿病の慢性合併症とよばれています。

糖尿病の慢性合併症には、大きく分けると細い血管にみられる合併症(細小血管障害)と、太い血管にみられる合併症(大血管障害)の2つがあります。

また、慢性合併症のほかに、極度のインスリン作用不足によって急激に起こる急性合併症もあります。

糖尿病性合併症

急性合併症と慢性合併症のどちらも、糖尿病患者さんの生活の質(QOL)と寿命はいちじるしく低下します。これらはいったん起きてしまうと、元に戻す(治る)ことは大変困難です。だからこそ、糖尿病は早期発見と早期治療が行えるか否かが運命のわかれ道ともいえます。

糖尿病は慢性疾患の1つであり、治療と自己管理が生涯必要な病気ですが、これらをきちんと行えば、通常の生活をおくることができます。

糖尿病の治療は、患者さんのQOLと寿命を低下させる合併症が起こらないように予防したり、たとえ合併症が起きてもそれ以上悪化しないようにするためにとても大切です。

慢性合併症:細小血管障害

慢性合併症:細小血管障害 イラスト高血糖の状態が長い期間にわたって続くと、体の細い血管が障害されて血流が悪くなり、とくに細い血管が集中している場所に合併症が起こります。

眼、腎臓、神経系で合併しやすく糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害があります。

糖尿病網膜症

目の仕組み 説明図私たちが目で物を見る仕組みは、カメラで撮影するときと似ています。つまり、カメラのフィルムと同じ役目をするのが目にある網膜です。この網膜に障害が起こると、目で物を見る機能に異常があらわれます。

糖尿病網膜症は、網膜内の血管に障害が起こり、視力の低下や失明を招く病気です。

糖尿病網膜症は、個人差はありますが、次のような段階を経て病気が進んでいきます。

糖尿病網膜症の症状


糖尿病腎症

腎臓は、血液をろ過して体に不要な老廃物を尿として排泄します。糖尿病腎症になると、ろ過の役割をしている糸球体の毛細血管がそこなわれて、腎臓の機能が障害されてしまいます。

腎症が進行すると、塩分やタンパク質の摂取量が厳しく制限された食事療法が必要になり、さらに症状が進むと、機械で血液をろ過する人工透析が必要になってきます。

血液透析と腹膜透析のイラスト


糖尿病神経障害

細い血管が障害されて血流が悪くなると、神経細胞への血液の供給が途絶えてしまうため、自律神経にも障害が起こります。その場合、発汗異常、立ちくらみ、便通異常、膀胱障害、勃起障害などの症状があらわれます。

痛みを感じにくくなっているため、ちょっとした足の傷や、ヤケドに気づかず、壊疽(えそ)になって足を切断することもあります。

壊疽(えそ)の状態のイラスト

慢性合併症:大血管障害

慢性合併症:大血管障害 イラスト高血糖の状態が続くと、太い血管では動脈硬化が加速します。

動脈硬化は動脈の内側にさまざまな物質が沈着して厚く、硬くなり、隆起(プラーク)ができる状態で、糖尿病をはじめとして脂質異常症(高脂血症)、高血圧、喫煙などによって起こるとされます。動脈硬化が進むと、血流が途絶えたり、血管にこびりついているプラークがはがれて血管に詰まり重要な臓器に障害を起こします。

脳梗塞、狭心症・心筋梗塞などや閉塞性動脈硬化症があります。


脳梗塞

脳の血管に動脈硬化が起こると、脳梗塞や脳出血などのリスクが高くなります。脳梗塞が起こる頻度は、糖尿病でない人に比べて2〜4倍高いといわれています。


狭心症・心筋梗塞など

心臓の血管に動脈硬化が起こると、狭心症や心筋梗塞などのリスクが高くなります。ちなみに心筋梗塞を起こす頻度は、健康な人の3倍以上で、はっきりした自覚症状がないのが特徴です。


閉塞性動脈硬化症

足の太い血管に動脈硬化が起こり、血液の循環が悪くなって歩行が困難になります。悪化すると、痛みで歩けなくなり、やがて潰瘍、壊疽(えそ)を起こして、場合によっては足を切断することもあります。

糖尿病患者さんでは、この閉塞性動脈硬化症は10〜15%と高い割合で合併します。

慢性合併症:その他

血管の障害から起こる合併症以外にも、高血糖の状態が続くことでさまざまな合併症が起こります。

慢性合併症・その他の症状 イラスト

糖尿病性足病変

糖尿病になると、細菌などに対する抵抗力が低下するため、白癬菌症(水虫)に感染しやすいといわれています。

また、糖尿病神経障害が進むと痛みを感じにくくなるため、低温ヤケドや、ちょっとした傷にも気づかず、化膿してからはじめて気づくことも多いのです。その結果、潰瘍や壊疽(えそ)になって足を切断することがあります。

「足:糖尿病性足病変の検査」

歯周病

血糖コントロールがうまくいかないと、歯周病が悪化するといわれています。さらに、歯周病は心筋梗塞や呼吸器疾患、低体重児出産などを引き起こす誘因となる可能性も指摘されています。

歯周病は、とくに高齢の人や、タバコを吸う人、肥満の人、抵抗力が低下している人に起こりやすくなります。


認知症

高齢の糖尿病患者さんでは、アルツハイマー型認知症と脳血管性認知症の起きるリスクは、糖尿病でない高齢の人の2〜4倍といわれています。

認知症になると、糖尿病の自己管理が難しくなることからも、合併症を悪化させないためのケアのうえでも大きな問題となっています。

急性合併症

糖尿病ケトアシドーシス

極端にインスリンが不足すると、高血糖、高ケトン血症、アシドーシスが起こります。重症な患者さんでは、いわゆる糖尿病性昏睡といわれている意識障害が起こります。糖尿病ケトアシドーシスが起こった場合、ただちに糖尿病専門医がいる病院への搬送が必要です。

ほとんどの場合、1型糖尿病で起こり、2型糖尿病ではまれとされてきましたが、最近では若い人、とくに肥満の人にも起こっています。これは、炭酸飲料、果汁飲料、スポーツ飲料などの糖分が多く含まれている清涼飲料水を水代わりにたくさん飲み続けることで、血糖値が急激に上がり、ケトアシドーシスを引き起こして昏睡状態に陥る急性の2型糖尿病で、「ペットボトル症候群(清涼飲料水ケトアシドーシス)」とよばれています。

急性合併症の症状 イラスト

高浸透圧高血糖症候群

いちじるしい高血糖と脱水が原因の高浸透圧血症によって起こる循環不全ですが、昏睡になることはまれです。

高齢の2型糖尿病患者さんが高血糖を起こした場合に合併しやすく、発症するまでに数日かかります。ただちに糖尿病専門医がいる病院への搬送が必要です。


感染症

糖尿病の患者さんは、肺結核、尿路感染症、皮膚感染症などの感染症にかかりやすくなります。足の皮膚感染症は壊疽(えそ)の原因にもなります。

インフルエンザと糖尿病
2009年春に確認された新型インフルエンザ(A/H1N1)。毎年冬に流行する季節性インフルエンザと違ってほとんどの人がまだ免疫をもっていません。糖尿病患者さんでは、感染しやすく、重症化しやすいのでとくに注意が必要です。

〜 なぜ? 〜

  • 血糖値が正常な人に比べて、高血糖の人は体内に細菌やウイルスが侵入したときに活躍する白血球の働きが低下しているため、抵抗力(免疫反応)が弱まっています
  • 一度かかってしまうと治りにくく、重症化しやすくなります
  • インフルエンザにかかると血糖値が上がり血糖コントロールが難しくなります。ただし、一時的なものなので、インフルエンザが治れば血糖値はもとに戻るため糖尿病合併症や病気の進行の心配はありません

〜 とくに注意が必要なのは? 〜

平成21年度厚生労働科学研究費補助金(特別研究事業)「2009年度第一四半期の新型インフルエンザ対策実施を踏まえた 情報提供のあり方に
関する研究」研究班:新型インフルエンザ対策(A/H1N1) 感染してもひどくならないために 糖尿病または血糖値が高い人へを参考に作成
ページ先頭へ戻る