ページの先頭です。

このページのスキップメニューです。
このページの本文
グローバルメニュー
このカテゴリー内のサブカテゴリーメニュー
フッターサイトマップ
トップページ
健診していますか?
糖尿病が気になる人へ
糖尿病と上手に暮らすために
糖尿病の人に出会ったらどうする?

糖尿病になってしまったら?

妊娠と糖尿病

妊娠中に糖尿病には、妊娠前から糖尿病のある「糖尿病合併妊娠」と、妊娠中に発見された糖尿病があります。妊娠中に発見された糖尿病には、軽い糖代謝異常である「妊娠糖尿病」と、妊娠中に診断された「糖尿病」の2つがあります。

出産しても大丈夫でしょうか?

糖尿病があると、母体に色々な影響がでることが知られています。網膜症や腎症などの糖尿病の合併症が悪化したり、流産、早産、巨大児の出産などが起こります。しかし、妊娠前からしっかり血糖値をコントロールすることで、これらが起こりにくくなります。インスリン注射や経口血糖降下薬をしっかり服用することで、血糖値を良好に保てれば、出産しても大丈夫です。 ただし、妊娠の初期にしっかりとした血糖コントロールができないと、奇形が起こったり、赤ちゃんが仮死したり、死亡したりすることがあります。特に奇形の場合は、妊娠がわかった時点でしっかり血糖コントロールを始めても、手遅れになることがあります。


安心して妊娠・出産するために必要なことは

糖尿病の人が妊娠・出産を望まれたら、妊娠前から糖尿病の治療と血糖値のコントロールが重要です。そのためには、「計画妊娠」が必要になります。
「計画妊娠」は、妊娠前に糖尿病合併症の状態や血糖値の状態をチェックして、問題なければ主治医の許可をもらって妊娠することです。
糖尿病合併症が進行したままで妊娠すると、妊娠によって合併症が急に悪化することがあります。


妊娠中の母体への影響は

糖尿病合併症がある人で血糖コントロールが悪いと、妊娠によって悪化することがあります。網膜症のある人では定期的に眼科検査を受けるなど、定期的に診察を受けることが重要です。
なお妊娠糖尿病では、多くの場合、血糖値が正常に戻りますが、放置しておくと流産や奇形をもつ赤ちゃんが生まれることがあるため、治療することが大切です。


妊娠中の食事療法と運動療法の注意点は

エネルギー、蛋白質、ミネラルなどの妊娠時に必要な量を付加します。
妊娠中に必要なエネルギーの付加量は、妊娠初期50kcal、中期250kcal、末期450kcal、授乳期350kcalに基づきます。そして適正体重の増加を目指すことも必要であり、BMI<18.5の場合で9〜12kg、BMI18.5〜25未満で7〜12kg、BMI≧25では約5kgを目安にします。
また、巨大児を防ぐためには、空腹時血糖だけでなく食後血糖を抑えることが重要になりますので、食後の血糖値を良好に保つためには1日の総エネルギー量の配分と摂取する時間に気を配るようにします。場合によっては、食事の1回量を減らして、回数を増やす方法も勧められます。 肥満の糖尿病妊婦では、軽い運動が勧められることがありますが、一般的には糖尿病妊婦では運動療法の効果は明らかにはなっていません。運動療法をする場合には、医師と相談してください。


妊娠中のインスリン療法の注意点は

妊娠中は原則して経口血糖降下薬からインスリンに変更します。なお、経口血糖降下薬を服薬中に妊娠しても先天奇形の割合が増えたという証拠は得られていません。 インスリン治療は、厳格に血糖コントロールをする必要性から強化インスリン療法を行います。そのため、注射回数が増え、妊娠末期には妊娠前の約2倍の投与量になることもあります。ただし、出産後は速やかに必要量が減り、授乳によりさらに減らすことが必要になりますので、医師の指示にしたがって血糖値の変化に応じて投与量の調節を行うようにしましょう。


出産と出産後の注意点は

出産の時期と出産の方法は、母体と赤ちゃんの状態で決めます。糖代謝異常を伴っている場合では、巨大児を含む過体重児や、妊娠高血圧症候群が伴ったりするため帝王切開が選択されることがあり、糖尿病ではない妊婦と比較してその割合は高くなっています。
母乳は、糖尿病の妊婦でも赤ちゃんの心身の健康のために大いに役立ちます。インスリンは母乳への影響はありません。経口血糖降下薬でも第二世代のSU薬は乳汁には移行しませんが、ビグアナイド薬は乳汁には移行はするものの、赤ちゃんの発育には影響はないという報告はありますが、原則的には服用を中止します。

ページ先頭へ戻る