ページの先頭です。

このページのスキップメニューです。
このページの本文
グローバルメニュー
このカテゴリー内のサブカテゴリーメニュー
フッターサイトマップ
トップページ
健診していますか?
糖尿病が気になる人へ
糖尿病と上手に暮らすために
糖尿病の人に出会ったらどうする?

病院に行ったら:治療

薬物療法:インスリン注射

糖尿病患者さんの不足しているインスリンを、体の外から注射で補給して血糖値を下げます。1型の糖尿病患者さんには必ず必要なものです。

インスリン製剤は、作用する時間によって次の5つに分けられます。同じ分類内でも投与方法や作用時間などに少しずつ違いがありますので、患者さんの糖尿病の状態や、合併症の有無、ライフスタイルを十分に見極めたうえで、患者さんにいちばんあったインスリン製剤が処方されます。

どんな種類があるの?

1) 超速効型インスリン製剤
  • 超速効型インスリン製剤は食直前に自己注射します。
  • 注射後、インスリンの作用があらわれるまでにかかる時間は10〜20分、インスリンの作用が持続する時間は3〜5時間です。
2) 速効型インスリン製剤
  • 食前に自己注射します。
  • 注射後、インスリンの作用があらわれるまでにかかる時間は30分〜1時間、インスリンの作用が持続する時間は5〜8時間です。
3) 中間型インスリン製剤
  • 朝食前30分以内のものや、朝食直前のものがあり、これらはときに1日の投与回数を増やして自己注射することができます。
  • 注射後、インスリンの作用があらわれるまでにかかる時間は30分〜3時間、インスリンの作用が持続する時間は18〜24時間です。
4) 混合型インスリン製剤
  • 朝食直前のもの、朝食直前と夕食直前のもの、朝食前のものや、朝食前と夕食前30分以内に自己注射するものがあります。
  • 超速効型または速効型インスリン製剤と中間型インスリン製剤を、いろいろな割合で混ぜてある製剤です。
  • 超速効型または速効型インスリン製剤と中間型インスリン製剤のそれぞれの作用があらわれるまでにかかる時間に効果がでますが、持続時間は中間型インスリンとほぼ同じです。
5) 持効型溶解インスリン製剤
  • 朝食前のもの、夕食前のもの、就寝前のもの、朝食前と夕食前のものや、朝食前と就寝前に自己注射するものがあります。
  • 注射後、インスリンの作用があらわれるまでにかかる時間は1〜2時間、インスリンの作用が持続する時間はほぼ1日にわたります。
  • 1日中の血糖値を全体的に下げます。

インスリン製剤の種類と作用時間(作用イメージ)

自己注射の仕方について

注射の仕方は?

インスリンは、指示された時間に自己注射します。注射する部位は、腹壁(お腹)、腕、太ももなどです。

インスリンの注射部位 説明図

注射部位は図に示した箇所ですが、自己注射では腹壁(お腹)や太ももが注射しやすいと思います。ただし、注射部位によってインスリンの吸収に若干差がありますから、主治医や薬剤師、看護師に相談しましょう。
注射は同じ注射部位内で、毎回2〜3cmくらいずつずらしていきます(これをローテーションといいます) が、原則として、(今回はお腹で次は太もも、明日は腕のように)注射部位を毎回変えることはしません。

皮下注射の打ち方 説明図 注射は針先が筋肉まで刺さらないようになっています。やせていたり、太っていたりすると、皮膚や筋肉までの厚さに個人差がみられることがあるため、注意が必要です。

とくに、とてもやせていて、針が筋肉にとどいてしまう場合には、注射部位をつまんだり、針を少し斜めに射すこともありますが、通常は、5mmの針を使って皮膚に対してまっすぐに根元まで刺します。太っている人には、逆に適切な場所にとどかない場合がありますので、8mmの針がよいでしょう。

いずれにしてもインスリン製剤の選択と同様に、1人ひとりの体にあった自己注射の方法も主治医・看護師が指導してくれますので、不安なことがあれば遠慮なく相談しましょう。


インスリン注射は、だれでも簡単にできます。

インスリン注射は、面倒で難しいと思っていませんか?
薬や注射器がどんどん進歩して、とても簡単に注射できるようになっています。

インスリン注射は痛そうでこわいと思っていませんか?
インスリン注射用の針の太さは、採血で使用する針に比べて約1/3ですから思ったほどの痛みはありません。

インスリンペン型注入器」というとても便利な注射器が開発されて、手軽にインスリン注射ができます。
現在、インスリン製剤には、使い捨てタイプのキット製剤と、インスリンペン型注入器にカートリッジ製剤を装着して使用するタイプがあります。

カートリッジ交換型インスリン注入器とカートリッジ 使い捨てタイプのインスリン注入器 イラスト

注射をする前に、次の3つのことをしっかり覚えておくようにしましょう。

  • (1)自分が注射するインスリンの名前
  • (2)そのインスリンの種類(超速効型・速効型・中間型・混合型・持効型)
  • (3)注射回数(時刻―いつ注射するのか)

インスリンは劇薬です。小さなお子様の手の届かない場所に、責任をもって保管する必要があります。
使用済みの針や使い捨て注射器の廃棄方法は、主治医や薬剤師、または看護師に確認してください。

診療時間外問い合わせはコールセンターへ

注射の仕方は、自己注射をはじめる前に病院やクリニックで指導を受けます。診療時間外に注射の仕方がわからなくなっても、インスリン製剤の製造 ・販売元である各製薬企業に電話して相談することができます。

受付時間や曜日は各製薬企業によって異なりますので、自分が今使っているインスリン製剤の名前に加えて、コールセンターの受け付け体制などもいつでもわかるようにしておくと便利です。

インスリン量の調節に血糖自己測定を活用

簡易血糖測定器を用いれば、患者さん自身で自分の血糖値を簡単に測定できます。血糖自己測定は、血糖の自己管理に活用できますし、インスリン療法を行っている患者さんであれば、血糖値にあわせたインスリン量の調整ができます。

ページ先頭へ戻る