ページの先頭です。

このページのスキップメニューです。
このページの本文
グローバルメニュー
このカテゴリー内のサブカテゴリーメニュー
フッターサイトマップ
トップページ
健診していますか?
糖尿病が気になる人へ
糖尿病と上手に暮らすために
糖尿病の人に出会ったらどうする?

健康診断でわかること

健診はメリットがある?

2008年4月より、40歳〜74歳までの公的医療保険加入者を対象にした「特定健康診査・特定保健指導」(特定健診・特定保健指導)がはじまりました。一般には「特定健診」や「メタボ健診」といわれています。

メタボはメタボリック・シンドロームの略です。メタボリック・シンドロームとは、内臓肥満や、高血圧や脂質異常症(高脂血症)、糖尿病などのいわゆる生活習慣病が複数起こっている状態をいいます。
生活習慣病が重なると、動脈硬化が非常に進みやすくなるため、これらをそのまま放置すれば脳梗塞や狭心症・心筋梗塞を起こす可能性がとても高くなります。

そこで政府は、動脈硬化によって引き起こされる病気を防ぐことを目的に、メタボリック・シンドロームの人を早い段階からみつけだし、これに該当する人々に注意喚起を行い、食生活などのライフスタイルの見直しや改善を促すために「特定健康診査・特定保健指導」を設けました。
現在では、企業や学校、人間ドックでも、メタボリック・シンドロームを考慮した健診を行っています。

たとえ今、メタボリック・シンドロームではないからといって、必ずしも異常がないとはかぎりません。生活習慣病は一般的には自覚症状がほとんどないので、自分では気づきにくいのが落とし穴です。
ですから健診は、かくれた異常を早くみつけるとてもよい機会なのです。

ページ先頭へ戻る