ページの先頭です。

このページのスキップメニューです。
このページの本文
グローバルメニュー
このカテゴリー内のサブカテゴリーメニュー
フッターサイトマップ
トップページ
健診していますか?
糖尿病が気になる人へ
糖尿病と上手に暮らすために
糖尿病の人に出会ったらどうする?

普段と違うときには

海外旅行のとき

海外旅行のときは?

海外旅行の予定が決まったら

  • 海外旅行の際には、なるべく早いうちに医師に旅行と日程を告げて、旅行のスケジュールにあった薬の調節、時差に合わせた食事のとり方、緊急時の対処法などを相談、確認しておきましょう。
  • できれば海外旅行傷害保険に加入しておきましょう。体調を崩したときなど緊急の際に各保険会社に連絡すれば、信頼できる現地の医療機関を紹介してもらえます。

荷造りのときには忘れずに

特に薬物療法を行っている場合は、出発前にもう一度確認しましょう。

1)荷物の中

  • 経口血糖降下薬またはインスリンと注射に使う器具
    必要数のほかに、予備を必ず用意しておきましょう。なくしたり、壊してしまっても予備があれば、あわてることはありません。
  • 自己検査用グルコース測定器など
    血糖自己測定に使う器具は、特に旅行中は生活リズムが変わりますので、忘れずに血糖値をまめに確認して血糖コントロールを維持するため、低血糖を防ぐためにとても大切になります。
  • 補食
    旅先での予定変更はよくあることです。食事が摂れないときのために、捕食を用意しておきましょう。旅先のおやつとして考えれば負担にならずよいでしょう。
  • 低血糖対策
    砂糖やブドウ糖、ペットシュガーなどをすぐに取り出せるところに用意しておきましょう。
  • ちょっとした携帯薬
    長時間の移動があって乗り物酔いしやすい人などは酔い止め、また糖尿病ではちょっとした切り傷や、すり傷でも重大な合併症の元になることもありますので消毒薬、そのほかには下痢止めなどの救急セットを用意しておくとよいでしょう。
  • 緊急用のグルカゴン注射セット
    重症低血糖の既往がある場合は、持参しておくようにしましょう。

2)いざというとき、糖尿病を知ってもらえる書類

  • 海外旅行時携帯用の糖尿病カード
    海外では、旅行する国の言葉での記述がある糖尿病カードをもっていると非常に役立ちます。日本糖尿病協会から、「私は糖尿病です」が5ヵ国語で記載され、その他どのような治療を受けているかの説明を英語で記入できるカードが発行されていますので、活用するとよいでしょう。
    旅先で具合が悪くなったとき、周囲の人の手助けが必要になることもあります。海外では特に日本語が通じないところでは、理解してもらうのに英文の糖尿病カードがあると緊急時など、迅速に進むので安心です。

  • 英文の診断書、処方箋
    英文で書かれた診断書と処方箋を主治医に書いてもらってもよいでしょう。
  • 海外旅行保険証
    糖尿病患者さん専用の海外旅行保険に加入しておくとよいでしょう。もしくは海外旅行傷害保険への加入でもよいですが、そのときには糖尿病やその他合併症があっても大丈夫かどうかを各保険会社に確認、相談しておくようにしましょう。
  • 可能であれば、旅先の医療機関への紹介状もあるとより安心かもしれません。

出発に際して必要なことは(航空予約時、空港、機内でスムーズに快適に過ごすために)

  • 糖尿病食の予約をしましょう。
    飛行機の機内食は、途中通過地の食事時間なども考慮してサービスされるため、高カロリー・高脂肪食のことが多く、簡単にカロリーオーバーしたり食事回数もあわなかったりします。現在では、多くの航空会社で糖尿病食のサービスが行われていますので、予約時や予約の際の検討材料として、あらかじめ糖尿病食のサービスのある航空会社にすると、機内でのトラブルを少なくすることができます。
  • 航空会社に自分が糖尿病であることを知らせておきましょう。
  • 航空会社が決まったら、機内でインスリン注射することを事前に航空会社や客室乗務員に連絡しておくこともよいでしょう。
  • 空港で、搭乗前に
    搭乗時間の確認、糖尿病食の予約を確認して、状況によっては搭乗直前にインスリ注射や服薬、食事をしておくようにします。
    ・経口血糖降下薬またはインスリンと注射に使う器具は手荷物として機内持ち込みにしましょう。紛失の防止と、貨物室での過酷な環境変化でインスリンの働きが失われる(失活)するおそれがあります。
    ・海外旅行に際しては、機内持ち込み品の規制が厳しくなります。インスリンや経口血糖降下薬の機内持ち込みには、ラベルをはがさずにチャック付きのビニール袋に入れるなどの工夫をしましょう。また、紛失防止のためにインスリンや経口血糖降下薬の機内持ち込みの荷物を2つに分けることも考えた方がよいでしょう。
  • 機内で
    ・糖尿病患者さんではエコノミークラス症候群という急性の肺血栓塞栓症や冠動脈疾患を起こすリスクが糖尿病でない人に比べて高いとされていますので、こまめに姿勢を変えたり、屈伸して血液循環を促すようにしましょう。
    ・十分な水分補給を心がけ脱水にならないように気をつけるようにしましょう。
    ・低血糖対策の砂糖やブドウ糖、機内食が遅れたときのために、補食も用意しておくようにしましょう。 

旅行先で気をつけたいこと

  • 食事はできるだけ指示カロリーに
    その土地のものを味わうことは観光の楽しみの1つです。でも、旅行中に食事への気配りが大切になります。
    大人数での旅行ではみんなで同じ食事になることがあるでしょう。料理の種類や量が多くても、自分の指示カロリーに合った量に調節して食べるように工夫してみましょう。旅行中はどうしても食事量が多くなりがちです。1日の予定の中でカロリーが多くなりそうな食事が昼か夜か予測できるようであれば、その他の時間帯の食事量を調節してみましょう。一方で、カロリー摂取オーバーが気になって食事量を減らしすぎたり、食事が合わなくてカロリーが足りないと、経口血糖降下薬やインスリン注射をしたときに低血糖になってしまうこともありますので、注意することが大切です。
  • インスリン注射は食事ができなくても自己判断で中断しないこと
    食事が摂れないときでも、血糖自己測定をしてあらかじめ主治医と相談した投与量、シックデイ用のスライディングスケールの単位でインスリン注射を継続してください。
  • 海外の旅先では、下痢症などに特に注意を払っておきましょう。下痢症は高血糖に伴う脱水を助長してさらに体調が悪化していく元となります。
    下痢や嘔吐などの消化器症状がみられたら、十分に水分を補給して発熱がみられたらすぐに現地の医療機関に受診するようにしてください。
  • 足元に気を配りましょう。靴ずれに注意
    糖尿病の患者さんは、血流障害や感染への抵抗力が低下しているので、足元には常に注意を払っていることでしょう。しかし、旅先になると、普段と違って歩く距離が知らず増えています。旅行には履きなれた靴で行くようにして、可能であれば2足用意するようにしましょう。
    それでも、靴擦れができたときには、水疱はつぶさないようにすぐに抗菌薬入りの薬をつけるなどして、ガーゼやカットバンで保護するようにしてください。
    神経障害のある患者さんは、痛みを感じにくい状態なので特に注意してください。素足やサンダル履きなどは避けるようにしましょう。
  • 薬の保管
    凍結や高温、直射日光の暴露などはインスリンの働きが失われてしまい(失活)使えなくなりますので、旅先の薬の保管には十分に気を配るようにしましょう。
    万が一薬を紛失してしまったときなどは、糖尿病カードが役に立ちます。現地の医療機関に提示すれば、いつも使っているものを処方してくれます。インスリン製剤の種類や色は国内・海外でも製薬メーカーで統一されていますので、自分でも使用している薬の名前や、色など覚えておくようにしておくと、さらによいでしょう。ただし、あらかじめ旅行先の国で入手可能かを確認しましょう。

時差ぼけの早期回復に努めましょう

時差ぼけは血糖コントロール不良の原因になりやすく、特に東向きの旅行時に起こりやすくなります。ごく短期間でなければ、できる限り自然光にあたったり、日中に活動するなどできるだけ早期に時差ぼけから回復できるように心がけましょう。
旅行前には体調を整えて、旅行中も無理をしすぎないように、睡眠をとって十分に旅を楽しんでください。

ページ先頭へ戻る
DM TOWNトップページへ
糖尿病について
「健診」していますか?
糖尿病が気になる人へ
糖尿病と上手に暮らすために
糖尿病の人に出会ったらどうする?
糖尿病トピックス一覧
サイトマップ
ご利用に際して