ページの先頭です。

このページのスキップメニューです。
このページの本文
グローバルメニュー
このカテゴリー内のサブカテゴリーメニュー
フッターサイトマップ
トップページ
健診していますか?
糖尿病が気になる人へ
糖尿病と上手に暮らすために
糖尿病の人に出会ったらどうする?

薬物療法について

経口血糖降下薬を知る

スルホニル尿素(SU)薬

どんな働きをするの?

健康な人は、血液中に常に少量のインスリンが分泌(基礎分泌)されています。そして食後に血糖が上昇すると大量のインスリンを分泌(追加分泌)することで、血液中のブドウ糖の量が一定に保たれるように血糖の調整が行われています。2型糖尿病には、インスリンを分泌する働きが弱まって分泌量が少なくなるため、血液中のブドウ糖が処理できずにだぶついた状態(高血糖)のタイプと、インスリンのきき方が悪くなって血液中のブドウ糖が処理できずにだぶついた状態のタイプがあります。SU薬は、インスリンの分泌する働きが弱まったタイプに効果があります。すい臓のランゲルハンス島という組織にあるインスリンを分泌するβ細胞に直接働きかけて分泌を促進し(インスリン分泌刺激作用)、基礎分泌、追加分泌の「量」を増加させることで血糖を下げます。インスリン分泌は持続的に促がされます。


どんな人に用いられる?

BMIが低め(肥満でない人)で、食事療法・運動療法がきちんとできているのにインスリン基礎分泌量は少ないまま改善せず、空腹時血糖値が高い人などに用います。すい臓でインスリンを分泌できでも、その分泌量が少ないために良好な血糖コントロールができない場合に、インスリンの分泌を補う目的で用いられます。


薬剤の種類は?

作用する時間やその働きの強さなどによりいくつかの種類があります。
薬剤は、医師が患者さんの糖尿病の状態をみながら、薬剤の働き(作用特性)を照らし合わせて最も適切なものを選択しています。


この薬剤を使う際に気をつけること・知っておきたいこと

1
SU薬を使う際には、食事療法・運動療法がきちんとできていることが特に重要となります。
食事療法・運動療法がきちんとできていなくても、SU薬の使い始めは血糖コントロールが改善します。しかし、長期になると過食や運動療法の不徹底から肥満が進んでしまい、その結果として血糖コントロールは再び不良となり、さらなる薬の増量や追加といった悪循環に陥ることがあります。
SU薬の服薬できちんと血糖コントロールができても、食事療法・運動療法は変わらずにきちんと続けていくことがとても大切なのです。
2
食事療法・運動療法がきちんとできていても次第にSU薬の効果が弱まってくることがあります。
これを二次無効といいますが、長期にわたって高血糖状態が継続すると、β細胞の働きが弱ってしまい、インスリンを分泌する働きが低下すると考えられています。
この場合は、他の薬剤への切り替えや他の薬剤との併用、またはインスリン療法への変更が考慮されます。
3
血糖コントロールが改善してくると、食前または食事時間がいつもの時間とずれたときに低血糖が起こることがあります。また、腎機能や肝機能が低下した方や、高齢の方では低血糖が起こりやすくなります。
SU薬はβ細胞のインスリンの分泌の働きに直接作用したり、血糖を下げる力が強いため、比較的低血糖が起きやすくなっています。ただし、低血糖について知り、また低血糖になったときの対処法を心得ておけば心配はありません。
4
食事療法がきちんとできないときや、またはSU薬によるインスリンの過剰な分泌によっても体重が増加しやすくなります。
SU薬のなかでも、グリメピリドはインスリンの分泌を刺激する働きが他のSU薬に比べて弱いため、インスリンの過剰な分泌による体重増加は起こりにくいとされます。そのため肥満の患者さんでどうしてもSU薬が必要な場合にはグリメピリドが選択されることが多いようです。インスリン分泌を刺激する働きが弱くても、同時にすい臓以外への作用(末梢の筋肉でのブドウ糖利用の促進や、肝臓でのブドウ糖産生抑制など)もありますので、血糖を降下させる働きは他のSU薬とほぼ同じですので、肥満の患者さんにとっても使いやすい薬剤とされています。

血糖コントロールが上手くいかないとき

  • 食事療法・運動療法がきちんとできていますか?
    →コントロール不良の一番の原因です。再度、自分のライフスタイルを振り返ってしてみましょう。場合によっては、他の薬剤の併用が考慮されます。
  • きちんと指示通りに薬剤を服薬していますか?
    →飲み忘れや、時間通りに服薬できないことがありませんでしたか?もし、今の薬剤の服薬スケジュールとライフスタイルが今までと変わるなどして、服薬のタイミングがうまく合わせられなくなってきたら、ライフスタイルにあった服薬方法に変更したり、他の薬剤への変更も考慮されますので医師に相談するようにしましょう。
  • 他科や他院でステロイド薬、抗甲状腺薬などのインスリンへの反応(感受性)を低下させる薬剤を処方されていませんか?
    →糖尿病の治療で服薬している薬剤以外にも、何か服薬している薬剤があれば医師に伝えることが大切です。それぞれの薬剤の作用が影響し合って十分な効果が得られないことがあります。これらの薬剤が投与されている場合は一時的にインスリン療法に切り替えることがあります。
  • アルコールを飲みすぎていませんか?
    →アルコールの飲みすぎは、低血糖の原因やインスリンが十分に働かなくなる(インスリン抵抗性)の原因になったりします。血糖コントロールが改善するまでは禁酒することが大切ですので、お酒を控えましょう。
  • 慢性の感染症や悪性腫瘍がある場合には、血糖コントロールが悪化することがあります。
  • 糖尿病以外の病気が発症または悪化していることが考えられますので、定期的なチェックを受けるようにしましょう。

インスリン抵抗性改善薬(チアゾリジン薬)

どんな働きをするの?

インスリンは肝臓、骨格筋、脂肪組織で行われる糖代謝を促す働きがあり、これらの組織がブドウ糖を取り込んでエネルギーに利用したり、脂肪として蓄えたりすることで血糖の調整をしています。2型糖尿病ではインスリンの分泌の働きが弱まるタイプのほかに、インスリン抵抗性の状態にあるタイプもあります。インスリン抵抗性とは、すい臓からインスリンが血液中に分泌されていても肝臓、骨格筋、脂肪組織でのインスリンに対する反応が鈍くなっている(感受性低下)ために、インスリンの血糖を下げる働きが十分に発揮されない(インスリンの効きが悪い)状態のことをいいます。このインスリン抵抗性を引き起こす最大の要因は肥満であるといわれています。
インスリン抵抗性改善薬は、主に脂肪組織に働きかけて脂肪細胞から分泌されるインスリン抵抗性を引き起こす物質を減少させて、その名の通りインスリン抵抗性を改善することで血糖を下げる薬です。


どんな人に用いられる?

食事療法・運動療法がきちんとできているのに良好な血糖コントロールが得られず、インスリン抵抗性による高血糖がみられる場合に用いられます。肥満と高インスリン血症がみられる2型糖尿病に効果的とされていますが、肥満でない人に用いても血糖を改善する効果がみられることもあります。また、すでにSU薬などの服薬を行っている場合の併用薬としても用いられることもあります。


薬剤の種類は?

ピオグリタゾン塩酸塩(商品名:アクトス)があります。
薬剤は、医師が患者さんの糖尿病の状態をみながら、薬剤の働き(作用特性)を照らし合わせて最も適切なものを選択しています。


この薬剤を使う際に気をつけること・知っておきたいこと

1
インスリン抵抗性改善薬を使う際には、食事療法・運動療法がきちんとできていることが特に重要となります。
特に食事療法がきちんとできずに過食傾向が続いている場合は、短期的に血糖コントロールの改善がみられても、肥満の有無を問わず次第に体重・体脂肪が増加してしまい、その結果インスリン抵抗性の状態に逆戻りして血糖コントロールが再び不良となることがあります。
インスリン抵抗性改善薬を用いる際には、体重が増加しやすい傾向がありますので、食事療法のきちんとすることがまず大切です。
2
肝機能障害をきたすことがありますので、もともと肝機能障害がある場合は定期的な肝機能検査が必要になります。重度な肝機能障害、肝炎や肝硬変などを合併している場合にはインスリン抵抗性改善薬は使用できません。
3
体内に水分が貯まりやすいため、心不全の合併や過去に心不全を起こしている場合にはインスリン抵抗性改善薬は使用できません。
4
インスリン抵抗性改善薬にはインスリン分泌を刺激する働きがないため、インスリン抵抗性改善薬のみ服薬では低血糖は起きにくいとされています。その一方で、浮腫、貧血、血清LDH、血清CPKの上昇が認められることがあります。

血糖コントロールが上手くいかないとき

  • 食事療法・運動療法がきちんとできていますか?
    →コントロール不良の一番の原因です。再度、自分のライフスタイルを振り返ってみましょう。インスリン抵抗性改善薬は食事療法の代わりにはなりません。特に食事療法がきちんとできないまま漫然と服薬していると、最終的には糖尿病が悪化したり、動脈硬化症が進行することがあります。
  • インスリンの分泌量の低下が起きている可能性があります。
    →インスリンの分泌を促進する働きのある他の薬剤の併用や、切り替えが考慮されます。
  • 糖尿病以外の病気が発症または悪化していることが考えられますので、定期的なチェックを受けるようにしましょう。

ビグアナイド薬

どんな働きをするの?

肝臓では常にブドウ糖が産生され、血液中に放出されています。この肝臓での糖の産生にはグリコーゲンの「分解」と「糖新生」という2つの過程があります。糖新生とは、乳酸やアミノ酸などのブドウ糖以外の物質からブドウ糖を産生する過程のことをいい、インスリンはこの糖新生が過剰にならないように調整しています。2型糖尿病ではインスリン分泌能の低下インスリン抵抗性によって、糖新生が過剰になってしまいます。
ビグアナイド薬は、この肝臓で行われている過剰になった糖新生を抑えることで空腹時血糖を下げます。そのほかに、腸で行われるブドウ糖の吸収を抑えたり、骨格筋などのインスリン感受性を改善してブドウ糖の取り込みを増加させるなどの働きにより、間接的なインスリン抵抗性の改善効果を得ることができ、さらに食後高血糖の改善もするといわれています。


どんな人に用いられる?

肥満とインスリン抵抗性による高インスリン血症がみられる2型糖尿病への使用が最もよく、血糖コントロール改善での体重の増加がしにくいとされています。なお、肥満でない人に用いても血糖改善効果がみられることもあります。


薬剤の種類は?

いくつかの種類があります。
薬剤は、医師が患者さんの状態をみながら、薬剤の働き(作用特性)を照らし合わせて最も適切なものを選択します。


この薬剤を使う際に気をつけること・知っておきたいこと

1
ビグアナイド薬を使う際には、食事療法・運動療法がきちんとできていることが特に重要となります。
2
SU薬やインスリン療法単独での治療で十分な血糖コントロールがみられない場合の併用薬としても用いられます。また逆に、SU薬やインスリン投与量の減量が可能となる場合があり、β細胞の負担を軽減したり、高インスリン血症改善につながることもあります。
3
ビグアナイド薬にはインスリンの分泌を刺激する作用はないため、インスリンの分泌量は増加しません。
4
インスリンの分泌を刺激する作用がないため、ビグアナイド薬のみの服薬では低血糖の起こる危険は低くなっていますが、アルコール摂取、その他の薬剤やインスリン療法と併用して場合には注意が必要です。まれではありますが、血液中に乳酸がたまって意識障害に陥る乳酸アシドーシスという重篤な副作用があります。
5
心臓・肝臓・腎臓・肺の機能障害、循環障害、大量のアルコールを飲む、栄養不良、下垂体・副腎機能不全、高齢の方、インスリン療法の絶対適応のある方には使用できません。
6
特に、吐き気・食欲不振・下痢などの消化器症状、強い倦怠感や筋肉痛などがみられやすいので、これらの症状が起こった場合は主治医に知らせるようにしてください。

血糖コントロールが上手くいかないとき

  • 食事療法・運動療法がきちんとできていますか?
    →コントロール不良の一番の原因です。再度、自分のライフスタイルを振り返ってみましょう。
  • インスリンの分泌量の低下が起きている可能性があります。
    →インスリンの分泌を刺激する作用のある他の薬剤の併用、併用薬の変更やインスリン療法を検討します。
  • 糖尿病以外の病気が発症または悪化している可能性が考えられますので、定期的なチェックを受けるようにしましょう。

α‐グルコシダーゼ阻害薬(α‐GI)

どんな働きをするの?

一般的に食事の約6割は炭水化物(糖質)をいわれていますが、糖質は小腸でα‐グルコシダーゼという酵素によってブドウ糖に分解されます(消化)。その後ブドウ糖は、血液中に送られインスリンの働きによって各組織でエネルギーとして利用されたり蓄えられたりします(吸収)。
健康な人では食後すぐに十分量のインスリンが分泌され、食後に増加する血液中のブドウ糖は速やかに処理されています。ところが糖尿病では、インスリンの分泌する働きが低下しているために、食後のインスリンの分泌が遅れてしまい、血液中のブドウ糖が速やかに処理できずに血糖が上昇してしまいます(食後高血糖)。
α‐グルコシダーゼ阻害薬は、α‐グルコシダーゼの働きを阻害することで糖質の分解を抑えて、消化・吸収を遅らせることで食後の血糖値の上昇をゆるやかにして、食後高血糖になりにくくします。α‐グルコシダーゼ阻害薬により食後血糖の上昇がゆるやかになると、インスリン分泌の上昇のタイミングが近くなるため、インスリンが効果的に作用できるようになるので食後高血糖が改善します。


どんな人に用いられる?

食事療法・運動療法ができているのに食後高血糖がみられる軽症の2型糖尿病で、空腹時血糖値がそれほど高くなく、インスリン非依存状態を示す場合に用います。中等症以上では併用薬として考慮されます。

薬剤の種類は?

いくつかの種類があります。 薬剤の選択は、医師が患者さんの状態をみながら、薬剤の働き(作用特性)照らし合わせて最も適切な薬を選択します。


この薬剤を使う際に気をつけること・知っておきたいこと

1
α‐グルコシダーゼ阻害薬を使う際には、食事療法・運動療法がきちんとできていることが特に重要となります。
2
必ず食直前に服薬しましょう。食後では効果がありません。
3
SU薬、インスリン抵抗性改善薬、ビグアナイド薬、インスリン療法を行っていても、著しい食後高血糖がみられる場合で併用すると効果が期待できます。
4
インスリンの分泌を刺激する作用がないため、α-グルコシダーゼ阻害薬のみの服薬では低血糖の起こる危険は低くなっていますが、SU薬やインスリン療法の併用で低血糖が起こることがあるので注意が必要です。α‐グルコシダーゼ阻害薬を服薬していて低血糖が起こった場合、必ずブドウ糖を摂ってください。α‐グルコシダーゼ阻害薬の特性上、ショ糖ではブドウ糖への分解を抑えてしまいますので、低血糖はすぐによくなりません。
5
服薬初期に腹部の張りやおなら、下痢など、消化器の不快な症状が現れやすいので、自己判断で服薬を止めてしまうことがありますが、これは消化しきれていない炭水化物が腸内細菌によって分解されて有機酸が生成されることによるもので、服薬をきちんと続けることで改善・消失します。
6
高齢の方や消化管の手術をしたことのある方は、腸閉塞などの重篤な副作用がみられることがあるので注意が必要です。また、肝機能障害を起こすことがあるので、定期的な肝機能検査は必ず受けるようにしましょう。

血糖コントロールが上手くいかないとき

  • 食事療法・運動療法がきちんとできていますか?   
    →摂取カロリーが過剰になっていませんか? 総摂取カロリーに占める炭水化物の量が少なくなっていませんか? 再度、自分のライフスタイルを振り返ってみましょう。食事療法を徹底する必要があります。
  • きちんと指示通りに薬を服薬していますか?  
    →飲み忘れや、食直前に服薬していないことはありませんでしたか? もし、生活の変化などによって、服薬のタイミングがうまく合わせられなくなってきたら、ライフスタイルにあった服薬方法に変更したり、他の薬剤への変更も考慮されますので医師に相談するようにしましょう。
  • ストレスにさらされている場合にも、血糖コントロールがうまくいかないことがあります。
  • 糖尿病以外の病気が発症または悪化している場合が考えられますので、定期的なチェックを受けるようにしましょう。

速効型インスリン分泌促進薬(グリニド薬)

どんな働きをするの?

インスリンの分泌する力が低下しているタイプの2型糖尿病では、糖分の摂取後すぐにインスリンを分泌して、血糖を速やかに低下させる働きが低下しているために、血糖の上昇とインスリン分泌のタイミングが合わないことがあります。 速効型インスリン分泌促進薬は、インスリン分泌のスピードを早めて、食後の血糖の上昇を抑える働きがあります。そのためインスリンをすばやく分泌させることで食後高血糖を改善することから、インスリン分泌パターンの改善薬ともいえます。食後のインスリン分泌量を増加させる作用はSU薬に比べて弱くなっています。


どんな人に用いられる?

インスリン非依存状態で、食事療法・運動療法を行っても十分に血糖が下がらず、食後高血糖がみられる軽症の2型糖尿病に、食後高血糖の改善を目的に用います。


薬の種類は?

いくつかの種類があります。 薬剤の選択は、医師が患者さんの状態をみながら、薬剤の働き(作用特性)を照らし合わせて最も適切な薬を選択します。


この薬を使う際に気をつけること・知っておきたいこと

1
速効型インスリン分泌促進薬を使う際には、食事療法・運動療法がきちんとできていることが特に重要となります。
2
必ず毎食直前に服薬しましょう。服薬後、薬の効果がみられるのがたいへん速やかな薬剤のため、食前30分の服薬でも食事開始前に低血糖を起こすことがありますが、服薬時間をきちんと守っていればほとんどありません。
3
SU薬を用いる前の状態で使う薬として位置付けられています。SU薬の服薬で効果がみられない場合には、糖尿病の状態が悪化していることが考えられるため、無効なことが多いとされます。
4
SU薬との併用は認められていません。
5
速効型インスリン分泌促進薬はインスリンを分泌する働きに直接作用するため必ずしも低血糖が起きないとはいえませんが、低血糖について知り、また低血糖になったときの対処法を心得ておけば心配はありません。
6
肝機能や腎機能の悪化、インスリンを含むその他の血糖降下薬を併用している場合には、特に低血糖が起きやすくなりますので注意が必要です。

血糖コントロールが上手くいかないとき

  • 食事療法・運動療法がきちんとできていますか?
    →再度、自分のライフスタイルを振りかえってみましょう。
  • 服薬の時間帯や服薬量を間違えていませんか?
    →この薬は、毎食直前の服薬が必須です。
  • インスリン分泌する働きがほとんどない、全くない場合、SU薬をすでに服薬していて血糖コントロールが不良であった、などの場合は有効性はほとんど期待できませんので、そのほかの薬剤への変更を考慮します。
  • 他科や他院で副腎皮質ステロイド薬、チアジド系利尿薬などの血糖を降下させる作用を弱める薬を服薬している、またはサリチル酸製剤やβ遮断薬などの血糖を降下させる作用を強める薬を処方されていませんか?
    →何か服薬している薬があれば医師に伝えることが大切です。それぞれの薬の作用が影響し合って十分な効果が得られないことがあります。血糖を降下させる作用が弱まると血糖コントロールが困難になり、強まると低血糖が起きやすくなります。
  • 糖尿病以外の病気が発症または悪化している場合が考えられますので、定期的なチェックを受けるようにしましょう。
<各薬剤共通の注意点>

血糖コントロールがよくなったからといって自己判断で服薬を中止してしまうことは決してしないでください。血糖コントロールが順調なのは、食事療法・運動療法と、服薬している薬が上手く機能しているからです。薬の量を減らす、増やす、止めるなどの判断は、医師が患者さんの状態にあわせてその都度適切な処方をしていますので、必ず医師の指示に従うようにしましょう。
もし、今、服薬している薬について少しでも不安や疑問があれば、遠慮せずに主治医または薬剤師に相談するようにしましょう。安心して、信頼して薬が飲めることも、治療の継続と成功への大切な要素であることを知っておきましょう。

子どもの2型糖尿病治療

子どもの糖尿病は1型糖尿病と思われがちですが、近年のライフスタイルの欧米化に伴い、子どもの2型糖尿病が増加しています。現在では日本人の小児糖尿病の約70%が肥満の2型糖尿病といわれています。

治療にかかわる特徴は?

自覚症状がないため気づかずに放置されていることが多く、学校の健康診断で尿糖が陽性として見つかったり、肥満の場合は肥満検診でみつかることがほとんどです。
また、子どもの2型糖尿病は自身が肥満であることのほかに、家族や血縁者に2型糖尿病の方がいることが多い(遺伝的な要因が強い)ことがわかっています。子どもの2型糖尿病では、肥満の子ども・肥満でない子どものどちらもインスリン分泌する働きはあるもの、インスリンの働きが悪い(インスリン抵抗性が強い)タイプの2型糖尿病の場合が多く、高インスリン血症、食後高血糖の状態にあります。


治療のポイントは?

  • 子どもの糖尿病の治療は、健康な子どもと同じ発育と生活の質(クオリティ・オブ・ライフ:QOL)の確保が前提となります。
  • 本人・保護者や家族ともに、2型糖尿病の病気への理解と、きちんとした治療が必要であるという自覚をもつことが大切です。
    →特に子どもが糖尿病の場合、治療は、成長して自己管理ができるようになるまでは保護者や家族が中心となって行います。子どもの糖尿病は無症状なことが多く、2型糖尿病とわかっても自分が病気であることを自覚しにくいために、治療の必要性や危機感が乏しくなりがちです。子どもとともに、家族全体で糖尿病について理解し、一緒に治療に取り組むことがとても大切になります。
  • 食事療法運動療法をきちんと行って、ライフスタイルの改善を図れるかがとても重要になります。
    →減量のみを単に目指すよりも、可能性のみえる目標をそのつど立てて意欲や達成感を得られるようにするなど、やる気を途切れさせずに継続できる工夫が大切です。
  • 子どもの場合は成長過程にありますので、成長に必要なエネルギーが不足しないように配慮することも必要です。
    →基本的には肥満の子どもでも食事制限は、健康な子どもよりも10%減らす程度にし、肥満でない子どもでは5%程度減らすようにします。
  • 薬物治療を行ううえで、低血糖はつきものと考えておきましょう。
    低血糖の対処方法を心得ておけば怖いものではありません。また、日常生活では風邪をひいた、おなかをこわしたなど体調の悪い日(シックデイ)が一生ないわけにはいきません。毎日の体調管理は糖尿病でなくとももちろん大切ですが、低血糖と同様にシックデイの対処方法がありますので、いざというときに対応できるように、家族と一緒に日ごろから心得ておくようにしましょう。

子どもの薬物治療には何が使われている?

治療の基本は食事療法・運動療法ですので、薬物治療はあくまで血糖コントロールがうまくいかない場合などの補助的な役割とされますが、食事療法・運動療法のみで血糖コントロールの目標を達成できない場合は、積極的に薬物療法を考慮します。
子どもの2型糖尿病の治療薬は、子どもを対象とした試験は実施されていませんのでエビデンスに基づいた目標は設定されておらず、現時点では、経口薬の選択において確立された基準はありません。


治療をおろそかにするとどうなる?

診断早期にきちんと治療を行えば血糖コントロールは比較的容易なことが多いのですが、治療をおろそかにしたり、中断しないようにすることが重要です。 特に、子どもの2型糖尿病では、将来の糖尿病合併症を有する割合が、1型糖尿病よりも高いとされています(治療ガイド、86pより)。

高齢者の2型糖尿病治療

高齢(65歳以上)の人の2型糖尿病は、青年または中年期以前に2型糖尿病が発症して糖尿病治療を続けてきた場合と、高齢になってから2型糖尿病を発症した場合の2つのパターンに大きくわかれます。そのため糖尿病自体の状態や糖尿病合併症の状態は様々です。さらに糖尿病以外の病気の有無も絡んできますので、個々にあったよりきめ細かな治療が必要となります。

治療にかかわる高齢者の2型糖尿病の特徴

長期にわたって治療を続けている高齢の方では、すでに糖尿病合併症をもっていたり、また、低血糖に気づかず(無自覚低血糖)に放置していたために認知症やうつ症状がみられることがあります。一方で、高齢になってから発症した方は、網膜症や腎症などの合併症はすぐには症状として現れませんが、だからといって高血糖のまま放置すると感染症にかかったときに重症化しやすかったり昏睡の危険が高くなったりします。
高齢の糖尿病患者に対しては、糖尿病合併症の予防を目的とした血糖管理目標値は確立されていませんが、日本では、高齢者という状況を考慮して合併症を引き起こすほどの強い高血糖を防止すること、認知症やうつ症状、日常生活動作(ADL)の低下を引き起こすほどの低血糖を回避することを主眼にしたガイドラインがあり、若い人より治療開始時の目標値が若干高めの設定になっています。


治療のポイントは?

  • 自己管理が十分に可能な方は、通常の管理目標値を目指します。
    →患者さんの年齢と糖尿病の罹病期間、糖尿病合併症の有無や発症年月などを考慮して血糖コントロールの目標値が設定されます。加齢とともに体の機能は低下していくため、薬剤の効果がみられるのに時間がかかったり、体の外に排泄されるのに時間を要したりなど、通常とは薬の働き方が異なることがあります。そのため、新たに薬剤を用いる場合は規定の量より少ない量から開始して、患者さんとの相性をみながらベストの投与量を決定していきます。
  • 高齢者でも食事療法・運動療法が基本です。
    薬を飲んで調子がよくなっても、基本の食事療法・運動療法はきちんと行うことが大切です。
  • 薬物療法では特に低血糖やそのほかの副作用への注意が必要となります。
    →高齢者では低血糖の治療後にも低血糖になりやすいため、血糖値が上昇した後も注意が必要なことがあります。また、糖尿病以外の病気をもっていることが多いため、薬物療法を行う際には投与量や薬の選択に特に注意を要します。この場合は、糖尿病治療薬だけでなく、他の疾患の治療薬の影響(相互作用)も考えた処方をしますので、他科や他院で薬の処方を受けている場合は、必ず医師に伝えることが重要です。
  • 高齢者では、低血糖が起きた場合の症状が認知症に似ているために認知症と間違えら得ることがあります。
    逆に実際に認知症が発症していることもあり、認知症であれば血糖コントロールが悪化しやすくなりますので、正しい診断が必要となります。認知症が疑われる場合には薬剤を減量することで認知症かどうかを確認できます。
  • 医師の処方にしたがって、きちんと服薬スケジュールを守ることが大切です。
    →決められたとおりに服薬できないと、血糖コントロールが上手くいかなくなり、合併症の悪化・発症を早めてしまうことになります。今のライススタイルに合わないために服薬が乱れがちであれば、服薬がきちんと守れる方法を探す、家族の人に協力してもらうなど、遠慮せずに医師に相談して最良の方法を探しましょう。自分に合った方法であれば、気持ちも軽くなりより続けやすくなります。
  • 薬物治療を行う上で、低血糖はつきものと考えておきましょう。
    低血糖の対処方法を心得ておけば怖いものではありません。また、日常生活では風邪をひいた、おなかをこわしたなど体調の悪い日(シックデイ)があります。毎日の体調管理は糖尿病でなくとももちろん大切ですが、低血糖と同様にシックデイの対処方法がありますので、いざというときに対応できるように、家族と一緒に日ごろから心得ておくようにしましょう。

高齢者の薬物治療には何が使われている?

  • SU薬
    →少量から開始されます。少量から始めることでSU薬による低血糖が起こるリスクを抑えます。
  • α‐グルコシダーゼ阻害薬や速効型インスリン分泌促進薬
    →高齢の糖尿病は食後高血糖が起こりやすい傾向にあるため、これらの薬剤は使いやすいとされています。なお、α‐グルコシダーゼ阻害薬は腸閉塞を起こしやすいので少量から開始されます。
  • インスリン抵抗性改善薬
    →肥満でインスリンに対する反応の低下(インスリン抵抗性)が強い場合に用いられますが、浮腫や心不全に注意が必要です。心疾患や肝機能障害を合併している場合には使用できません。
  • ビグアナイド薬
    →乳酸アシドーシスに注意が必要です。
ページ先頭へ戻る
DM TOWNトップページへ
糖尿病について
「健診」していますか?
糖尿病が気になる人へ
糖尿病と上手に暮らすために
糖尿病の人に出会ったらどうする?
糖尿病トピックス一覧
サイトマップ
ご利用に際して