ページの先頭です。

このページのスキップメニューです。
このページの本文
グローバルメニュー
このカテゴリー内のサブカテゴリーメニュー
フッターサイトマップ
トップページ
健診していますか?
糖尿病が気になる人へ
糖尿病と上手に暮らすために
糖尿病の人に出会ったらどうする?

薬物療法について

血糖自己測定(SMBG)

血糖自己測定とは?

文字通り、自分で自分の血糖値を測ることです。糖尿病は、血糖コントロールを良好に保つことで将来または進展している糖尿病合併症を防ぐことが最終目標です。ですから、直接に血糖値を測ることで自分の血糖値の状態を知ることは、血糖コントロールの状況の把握だけでなく治療へのフィードバックまで、非常に効率よく治療に役立てることができます。
特に強化インスリン療法の頻回注射では、インスリン投与量の調節は必要(必須)になります。自分の血糖状態がわかるという点では、1型糖尿病、2型糖尿病の治療を問わず低血糖の確認・予知やシックデイ時の対応にも欠かせないものになります。
血糖値を測定して、ノートに記録をしておきましょう。血糖自己測定により、治療にさまざまなよい面ももたらしてくれますので、有効に利用していきましょう。

血糖自己測定の目的・メリット
・厳格な血糖コントロールの維持のためのサポートアイテム
食事療法・運動療法の見直し/インスリン投与量の見直し
・薬物療法による低血糖の確認・予知
低血糖への不安の解消、無自覚低血糖対策
・シックデイ時の対処材料
重症高血糖の回避、適宜のインスリン投与量変更が可能
・自分の血糖値を測ることで、目にみえにくい糖尿病の病態をみることができ、治療の手ごたえを感じることができる
治療への意欲、励み など

血糖自己測定は、自己検査用グルコース測定器を用いて測定します。現在ではさまざま機種があり、いずれの機器も使用法を覚えて正しく使用すればほぼ正確な血糖値を得ることができます。コストや使い勝手など、自分に合ったものを選びましょう。

測定方法は?

血糖自己測定を、いつ、どのようなタイミングで行うのかは、患者さんの糖尿病の状態や治療方針によって異なります。医師が最も効率的で有用な使い方を指導してくれますので、医師に指示に従って血糖自己測定を行うようにしましょう。このときにも、疑問や不安があれば遠慮せずに医師に相談することが大切です。 一般的には、自分の血糖値の日内変動の特徴を把握することから始めますので、毎食前、毎食後の6時点あるいは就寝前を含めた7時点で測定を行います。

  • 早朝の空腹時血糖値はインスリン基礎分泌の状態や就寝前のインスリン注射の評価で重要になります。
  • 夜間に低血糖を起こしやすい患者さんでは就寝前の測定を行います。
  • 低血糖かもしれない、と思ったときや、シックデイのときの血糖自己測定は治療において非常に重要になります。
  • 最初は1日6または7回が勧めされますが、その後は血糖コントールの状態によって、1日1回法、1日2回法、1日3回法などのいくつかの方法があり、必ずその方法にしなくてはいけない、ということではありません。ライフスタイルを考慮して適宜自分に合う方法を選ぶことができますので、医師と相談して自分に一番よい方法を探しましょう。
ページ先頭へ戻る
DM TOWNトップページへ
糖尿病について
「健診」していますか?
糖尿病が気になる人へ
糖尿病と上手に暮らすために
糖尿病の人に出会ったらどうする?
糖尿病トピックス一覧
サイトマップ
ご利用に際して