ページの先頭です。

このページのスキップメニューです。
このページの本文
グローバルメニュー
このカテゴリー内のサブカテゴリーメニュー
フッターサイトマップ
トップページ
健診していますか?
糖尿病が気になる人へ
糖尿病と上手に暮らすために
糖尿病の人に出会ったらどうする?

糖尿病合併症を知りましょう

急性合併症

糖尿病ケトアシドーシス

糖尿病ケトアシドーシスは、糖尿病の高血糖性の急性代謝失調であり、極度にインスリンが不足したり、コルチゾル・アドレナリンなどのインスリン拮抗ホルモンが増えると、インスリンの作用が弱まって急に発症します。
インスリンが不足すると、血液中のブドウ糖を代謝できなくなり、高血糖状態になります。すると、体はその代わりに脂肪を分解してエネルギーをつくり出します。このときに副産物としてつくり出されるケトン体が血液中に急に増える(高ケトン血症)ことで、血液が酸性になり(ケトアシドーシス)、体に異常が発生するというしくみです。
その多くは1型糖尿病でみられ、近頃は清涼飲料水を多飲する2型糖尿病でもみられ、ペットボトル症候群(清涼飲料水アシドーシス)と呼ばれています。

症状と治療

糖尿病ケトアシドーシスは、若い人で発症しやすいといわれています。
高血糖の症状と、悪心・嘔吐・腹痛などの消化器の症状、またグルコースが尿の中に大量に排泄されることで起こる浸透圧利尿により、体液や電解質が失われることで脱水状態になります。脱水やアシドーシスになると、低血圧や頻脈がみられることがあります。また、速く深い呼吸(クルマウル呼吸)がみられ、吐いた息にはアセトンが含まれるため、果物のような香りがします。まれですが、脳浮腫がみられることもあります。
糖尿病ケトアシドーシスが起こったら、すぐに医療機関へ連絡してください。一刻も早く治療する必要があります。
治療の基本は、十分な輸液・電解質の補充、インスリンの適切な投与、さらに糖尿病性アシドーシスをもたらした原因を取くことです。
脱水やアシドーシスの症状がひどいときには、意識障害や昏睡にまで至ります。適切な処置が遅れると死に至ることもありますので、少しでもおかしいと思ったら、迷わずに主治医に連絡するようにしましょう。
また、意識障害や昏睡状態に陥ったときには自分で対応することができなくなりますので、糖尿病のこと、さらに合併症のことを家族や身近な人にも知ってもらい、何かあればすぐに医療機関へ代わりに連絡をしてもらえるようにしておくことも大切です。


予防

糖尿病性ケトアシドーシスの原因は極度のインスリン不足です。インスリン療法を行っている人、特に1型糖尿病ではシックデイでインスリン注射をしなかったときなどにみられることがありますので、インスリン注射を適切なときに適切な量を行うようにしましょう。

高浸透圧高血糖症候群

高浸透圧高血糖症候群は糖尿病の高血糖性の急性代謝失調です。2型糖尿病患者さんが感染症、脳血管障害、手術、高カロリー輸液、利尿薬やステロイド薬の投与などによりインスリン作用不足が起こったときの高血糖に伴ってみられます。症状が出るのが遅く、これらの原因が起きてから数日の期間をおいて発症します。
高血糖による浸透圧利尿によって体内の水分が奪われることで引き起こされる、さらに著しい高血糖と高度の脱水(高浸透圧血症)が循環不全を来します。ただし、著しいアシドーシスはみられません。

症状と治療

高浸透圧高血糖症候群は高齢の方に発症しやすいといわれています。
さまざまな程度の意識障害、脱水に基づく多飲、多尿、体重減少、倦怠感などがみられます。意識障害はゆっくりと起こってきますが、高浸透圧と脱水の進行に伴って深くなり、数時間から長い場合は1ヵ月に及ぶこともあります。そのほかに血圧の低下、頻脈、皮膚や口の乾燥、片麻痺、一側性の腱反射亢進、病的反射の出現なども伴うことがあります。
高浸透圧高血糖症候群が起きたらすぐに医療機関へ連絡してください。一刻も早く治療する必要があります。
治療の基本は、脱水の補正と電解質の補充、インスリンの適切な投与、さらに高血糖高浸透圧症候群をもたらした誘因を取り除くことです。
脱水がひどいときには昏睡にまで至り、数回にわたって昏睡を繰り返すこともあります。適切な処置が遅れると死に至ることもありますので、少しでもおかしいなと思ったら、迷わず主治医に連絡するようにしましょう。
また、意識障害や昏睡状態に陥ったときには自分で対応することができなくなりますので、糖尿病のこと、さらに合併症のことを家族や身近な人にも知ってもらい、何かあればすぐに医療機関へ代わりに連絡をしてもらえるようにしておくことも大切です。

感染症

糖尿病では免疫能の低下、白血球機能の低下、血流障害などにより、体内にウイルスや細菌が侵入しても抵抗する機能が低下しているため、感染症にかかりやすくなっています。
感染症の治療の基本は、原因菌に適した抗菌薬を投与して、一刻も早く感染の原因菌を抑えることです。
重症になると、感染した場所や原因菌によっては死に至ることもあります。
少しでもおかしいなと思ったら、すぐに医療機関を受診して治療を受けるようにしてください。

糖尿病にみられる感染症

尿路感染症 膀胱炎、腎盂腎炎、腎周囲膿瘍など
呼吸器感染症 かぜ症候群、インフルエンザ、肺炎など:糖尿病でない人はウイルス性など細菌性感染でないときには抗菌薬の投与は必要とされませんが、糖尿病の患者さんで血糖コントロールが不安定な場合には、重症化を防ぐために抗菌薬を投与することもあります。
消化器感染症 嘔吐や下痢、発熱などの消化器症状のために血糖コントロールが悪化しやすくなります。脱水、昏睡の原因になることもあります。
軟部組織・皮膚感染症 下肢への感染が多く骨髄炎を伴うことがあり、下肢の切断、死に至ることもあります。また、皮膚の感染症は壊疽の原因になることがあります。

糖尿病では、そのほかにもさまざまな感染症にかかるリスクが高いということを知っておき、日頃から予防を心がけるようにしましょう。
しかし、肉眼でみえない細菌・ウイルスを防ぐのにも限界はあります。ですから、まずは血糖コントロールを良好に維持しましょう。そして、いつもと違うことはないか自分の体の状態をまめにチェックする、かぜの流行る季節だけでなくマスクやうがい、手洗いなど予防策を日ごろから行うなど、ちょっとしたことでも感染のリスクを減らすことができます。そして、感染症になっても慢性化、重症化させないことが大切です。

ページ先頭へ戻る