ページの先頭です。

このページのスキップメニューです。
このページの本文
グローバルメニュー
このカテゴリー内のサブカテゴリーメニュー
フッターサイトマップ
トップページ
健診していますか?
糖尿病が気になる人へ
糖尿病と上手に暮らすために
糖尿病の人に出会ったらどうする?

こんなときどうする?

食事ができない場合の薬物療法は?

食事ができない場合の薬物療法はどうする?

手術が必要になったときや、何か他の病気かも?というときなどは、必ずではありませんが、手術や検査の種類によっては絶食や変則的な食事をとることになります。
薬物療法を行っている患者さんにとって、普段と違う食事はとても不安になることでしょう。このようなときには、今の状態を損なわないように経口血糖降下薬やインスリン注射のスケジュールを一時的に変えて医師が適切な対応をしますので心配はありません。
とはいっても、全く知らないままでいるより少し予備知識があると、いざというときでも大丈夫と思えますし、安心して手術や検査に臨めるかもしれません。
ここでは簡単に、手術や検査で食事ができないときに経口血糖降下薬やインスリン注射はどうするのかご紹介しておきます。

経口血糖降下薬を使用している方

基本は食事がとれなくなった時点から服用を中止します。薬剤の作用時間が長い場合は、絶食の前の日などから薬剤の作用時間に合わせて減量や中止していきます。

インスリン注射をしている方

インスリン療法中の場合は、高血糖や低血糖が起こらない程度にインスリンの投与量を調節します。インスリンの調節は使っているインスリン製剤それぞれの特性に合わせます。
血糖コントロールが不安定な場合はスライディングスケールをつくり、速効型インスリンを一時的に注射します。また、強化インスリン療法では一般的に前日の就寝前の中間型インスリン注射は検査後の食事によって減量されます。毎食前の超速効型または速効型インスリンは食事を始めたときから通常量になりますが、低血糖の心配があるときには減量されます。

薬の種類や量、タイミングなどの変更は、患者さんの状態など個々人にあわせて医師が対応しますので、これという決まった方法はありませんが、一般的な考え方として知っておいた方がよいでしょう。
風邪などの感染症や下痢・腹痛などで体調を崩した日をシックデイと呼びます。シックデイになったときにも食事ができなくなることがありますが、その場合は手術や検査のときの食事ができないときと対処法が異なります。日常生活の中では、シックデイのほうが遭遇することが多いかもしれませんので、シックデイの対処法を確認して必ずできるようにしておきましょう。

シックデイ

ページ先頭へ戻る
DM TOWNトップページへ
糖尿病について
「健診」していますか?
糖尿病が気になる人へ
糖尿病と上手に暮らすために
糖尿病の人に出会ったらどうする?
糖尿病トピックス一覧
サイトマップ
ご利用に際して