ツイートする
チェック
シェア
共有
「わたしにもできる?」 あなたの疑問・不安に専門医が答えます!!
他のライフスタイル
シニアの方
[シニアの方]すでに退職していて自分のペースで生活しているが、運動不足になりがち。他にも薬を服用している。
[Q.6]息子夫婦が共働きのため、孫にご飯を作りにいくことが多く、よく外出します。インスリンを持ち歩く必要はありますか?また、孫の前で注射を打ちたくないのですが・・・。
藤本良士先生
A.6インスリンも近年様々な種類が発売されており、それに合わせて治療法も患者さんの病状やライフスタイルなどに合わせて選択することができるようになりました。

例えば、飲み薬と基礎インスリン注射を組み合わせて行うBOT(Basal supported Oral Therapy)と呼ばれる治療法では、注射は1日1回だけですので、普段から朝や寝る前にするようにしておけばお孫さんが家にいる日中は注射が不要で、持ち歩く必要もありません。

また、日中にインスリン注射が必要で持ち歩かなくてはならない場合でも、ご質問にあるような不安をできるだけ解消できるようにインスリン治療は進歩しています。まず、インスリンは予防接種などで使われるような注射器型ではなく、ペン型になっています。そのため、持ち歩きも容易ですし、お孫さんや一般の方に与える心証も大きく違ってきています。また、注射も慣れると数分でできるような簡便なものになっておりますので、お孫さんと一緒に過ごされているときでも、少しの間だけ席を外して気づかれずに済ませることもできます。ただし、お孫さんがまだ小さい場合は、針に触れてけがをすると危険ですので、インスリンはお孫さんの手の届かないところに保存してください。

このように、インスリン治療にはいくつかの選択肢があり、主治医との相談によって1日の注射の回数やタイミングなども考慮した、その人にあった方法を探すことができます。きっと、あなたにもあった方法がみつけられると思いますので、主治医の先生にぜひ相談されてみてはいかがでしょうか。お孫さんとの時間を大切にしながら、インスリン治療も上手に継続して、よりよい血糖コントロールを行っていただければと思います。
先生からのメッセージ
お孫さんをはじめご家族にご心配を掛けたくないというお気持ち、よくわかります。私の診ている患者さんでも、ご家族や友人、知人などとよく外出される患者さんは少なくなく、人前でのインスリン注射をためらわれる方がいらっしゃいます。しかし、みなさんご自身にあった治療法をみつけたり工夫をしたりして、インスリン治療をうまく続けていらっしゃいます。あまり不安に思わずに、わからないことがあれば主治医とよく相談し、あなたにあった治療法をみつけていきましょう。
藤本良士先生 施設名:国家公務員共済組合連合会 新小倉病院 診療科:内科 糖尿病センター ●国家公務員共済組合連合会 新小倉病院 〒803-8505 福岡県北九州市小倉北区金田1-3-1 Tel:093-571-1031
藤本良士先生
ホームページをみる
その他インスリンにまつわる様々な情報は、こちらからご覧ください!
よくわかるインスリンTOPへ

ページの先頭に戻る