ツイートする
チェック
シェア
共有
「わたしにもできる?」あなたの疑問・不安に専門医が答えます!! インスリン治療に対してあなたが感じる不安や疑問を、ライフスタイル別に全国の糖尿病専門医の先生が解説します。
デスクワーク中心の方
デスクワークや会議が多く、運動不足になりがち。同僚との付き合いが多く、偏った食事になってしまう。
外回りが多いお仕事の方
外回りや出張が多く、自分で時間を管理するのが難しい。取引先との飲酒の機会を避けることができない。
重労働の方
屋外での作業などで、汗をかいて体を動かすことが多い。日によって仕事量に大きく差がある。
勤務時間が不規則な方
交代制の勤務や徹夜の作業で、昼と夜が逆転しがち。規則的な食事・睡眠をとることが難しい。
自営業の方
代わりの人間がおらず、休みを取るのが難しい。健康診断は自分で受けなければいけない。
主婦・パートの方
パートや家事・子育てで、日中は時間が取れないことが多い。健康診断は自分で受けなければいけない。
シニアの方
すでに退職していて自分のペースで生活しているが、運動不足になりがち。他にも薬を服用している。
20~30代の方
糖尿病は「自分にはまだまだ関係ない」と思っていた。お菓子や油ものの摂取が多く、食生活が乱れがち。
専門医から糖尿病患者さんへのメッセージ
関口雅友先生
JA北海道厚生連 札幌厚生病院 関口雅友先生
働かれている患者さんの場合、大変忙しいため、入院のみならず外来のお時間をとることもなかなか難しいかと…
先生の解説をみる
森保道先生
国家公務員共済組合連合会 虎の門病院 森保道先生
現代の社会では、様々なストレスが、病気の原因となり、体に悪影響をおよぼしています。糖尿病に関しても、ストレスから食生活が乱れ、病気の進展に悪い影響を与えるケ…
先生の解説をみる
矢野まゆみ先生
[NEW]医療法人社団 杜の木会 もりの木クリニック  矢野まゆみ先生
自宅でインスリン注射ができる場合はいいのですが、外食時や旅行中にインスリンを打つことへの抵抗感は、最…
先生の解説をみる
中村周治先生
[NEW]医療法人社団 紘和会 平和台病院 中村周治先生
インスリン注射は、最近ようやく特別なことではないと世間に広く認識されてきました。インスリンは糖尿病の…
先生の解説をみる
佐野寛行先生
[NEW]大阪医科大学 佐野寛行先生
若い方に多く発症する1型糖尿病は、インスリン分泌細胞である膵β細胞の消失が背景にありますので、発症後…
先生の解説をみる
平尾紘一先生
[NEW]医療法人社団一洋会 HECサイエンスクリニック 平尾紘一先生
糖尿病治療において、インスリン注射や飲み薬と同じように、運動療法や食事療法も大変重要です。ただし、…
先生の解説をみる
藤井仁美先生
多摩センタークリニックみらい 藤井仁美先生
インスリン治療を始める場合、日々の注射のわずらわしさへの懸念に加え、周囲の誤解への不安を感じる人は少…
先生の解説をみる
渡邊淳先生
日本赤十字社 旭川赤十字病院 渡邊淳先生
糖尿病治療においては、食事療法はベースの治療となります。インスリン治療を始める・始めないに関わらず、…
先生の解説をみる
澤田享先生
JA北海道厚生連 帯広厚生病院 澤田享先生
インスリン治療を始めるにあたり、これまでのライフスタイルのままで大丈夫なのかと不安に感じられる方が多…
先生の解説をみる
横田太持先生
東京慈恵会医科大学 葛飾医療センター 横田太持先生
インスリン治療を始めたからといって、必ずしも低血糖が増えるわけではありません。私が診ている患者さんで…
先生の解説をみる
田蒔基行先生
医療法人明和会 たまき青空病院 田蒔基行先生
出張先では食事のタイミングや食事量が変化します。また、慣れない場所での生活は精神的なストレスとなり、…
先生の解説をみる
葛西伸彦先生
[NEW]八戸市立市民病院 葛西伸彦先生
取引先との付き合いでの食事が多い方や、仕事上、生活が不規則な方などでは、インスリン治療を始めるにあた…
先生の解説をみる
伊藤光泰先生
[NEW]藤田保健衛生大学病院 伊藤光泰先生
忙しい生活を送っていると、大事なことでもうっかりと忘れてしまったり、ミスをしてしまったりすることは誰…
先生の解説をみる
藤田進彦先生
武蔵野赤十字病院 藤田進彦先生
インスリンを保管するにあたって、夏場の高温には気をつける必要がありますが、それと同様に冬場の凍結にも…
先生の解説をみる
内田大学先生
[NEW]ほたるのセントラル内科 内田大学先生
インスリン治療が勧められたことで不安に感じることもあるかと思いますが、「これまでの食事を再度見直す機…
先生の解説をみる
坂本拓矢先生
[NEW]東北大学病院 坂本拓矢先生
お仕事が不規則な患者さんの場合、ご自身で生活スタイルを管理することが難しく、インスリン治療を躊躇して…
先生の解説をみる
江口英行先生
[NEW]公立置賜総合病院 江口英行先生
インスリン注射のお話をすると、予防接種などの注射器をイメージされる患者さんが多いと思います。インスリ…
先生の解説をみる
石田芳彦先生
[NEW]石田内科医院 石田芳彦先生
寒い地方、特に外気が氷点下まで下がるような場所での保管は、屋外や車中に放置せず、事務所などの屋内で保…
先生の解説をみる
小澤直子先生
草加市立病院 小澤直子先生
勤務中にインスリン注射をすることが難しい方でも、病状によっては、飲み薬を続けながら持効型と呼ばれる効…
先生の解説をみる
熱田晴彦先生
日本赤十字社 京都第二赤十字病院 熱田晴彦先生
私の患者さんでもタクシーやトラックなど、車を使用する機会が多い方や、重機オペレーターの方、高所作業に…
先生の解説をみる
石塚達夫先生
岐阜大学医学部附属病院 石塚達夫先生
夜間に仕事の方、不規則な勤務形態の方など、様々な働き方がありますが、それぞれの患者さんにあったインス…
先生の解説をみる
藤田成裕先生
[NEW]長崎市立市民病院 藤田成裕先生
昼夜が逆転した仕事をされている方では、通院できる時間帯が大切な睡眠時間という場合も多く、そんな中、お…
先生の解説をみる
神谷英紀先生
愛知医科大学病院 神谷英紀先生
最近の研究で、糖尿病の早期からしっかりと血糖値のコントロールをしていると、将来の心筋梗塞の発症率や死…
先生の解説をみる
有井薫先生
日本赤十字社 高知赤十字病院 有井薫先生
今まで、ご自身の体力に自信があった患者さんにとっては、糖尿病であると診断されたことを受け入れることか…
先生の解説をみる
水林竜一先生
[NEW]四日市糖尿病クリニック 水林竜一先生
インスリン治療では主治医の先生と相談した上で、注射を打つ場所はお腹、太もも、上腕を選択することができ…
先生の解説をみる
佐藤利昭先生
[NEW]日本赤十字社 松江赤十字病院 佐藤利昭先生
インスリン治療の開始にあたって入院されることを嫌がる患者さんも多くいらっしゃいますが、私は患者さんの…
先生の解説をみる
古田浩人先生
[NEW]和歌山県立医科大学附属病院 古田浩人先生
インスリン注射薬は日々進歩しており、現在では生活のパターンに合わせたインスリン治療が可能となっていま…
先生の解説をみる
上原豊先生
[NEW]日本赤十字社 前橋赤十字病院 上原豊先生
インスリン治療にあたって、ご家族に心配をかけまいと隠している方もいらっしゃるようです。こうした方の場…
先生の解説をみる
八木邦公先生
金沢大学附属病院 八木邦公先生
技術の進歩はインスリンの注射をも大きく進歩させています。針については先に述べましたが、注射器も以前よ…
先生の解説をみる
鯉江基哉先生
大阪府済生会野江病院 鯉江基哉先生
インスリン療法を始めても、これまでと変わらない生活を送ることができるとお考えください。現在、インスリ…
先生の解説をみる
比嘉盛丈先生
社会医療法人友愛会 豊見城中央病院 比嘉盛丈先生
例えば昼食後に掃除や洗濯をすると、思いのほかの重労働で肩が凝ったり腰が痛くなったりすることがあると思…
先生の解説をみる
川口祐司先生
社会医療法人景岳会 南大阪病院 川口祐司先生
インスリン治療を始められる前は、通院の手間や、大変、怖いなど、様々な不安を口にされる患者さんが少なく…
先生の解説をみる
當時久保正之先生
社会医療法人天神会 新古賀病院 當時久保正之先生
インスリン治療については誤解が非常に多く、多くの患者さんから不安や疑問の声を聞きます。注射器について…
先生の解説をみる
薄井勲先生
富山大学附属病院 薄井勲先生
糖尿病の治療では現在、患者さんの治療に関する疑問や不安にこたえられるよう医師や薬剤師、看護師、栄養士…
先生の解説をみる
中塔辰明先生
岡山済生会総合病院 中塔辰明先生
糖尿病は、気づかないうちに合併症が進展するため、血糖コントロールが乱れたままにしておくと、視力障害や…
先生の解説をみる
稲葉直之先生
静岡済生会総合病院 稲葉直之先生
一人暮らしをされている方にとって、ご自宅で低血糖症状を感じた場合、自分だけで対応できるか不安をもたれ…
先生の解説をみる
守屋達美先生
北里大学病院 守屋達美先生
インスリン治療を行っている患者さんに、注射を始めたときの感想を聞いた調査によると、「思ったよりも難し…
先生の解説をみる
近藤照貴先生
長野医療生活協同組合 長野中央病院 近藤照貴先生
日常生活でも、ちょっと疲れたときは休憩しますよね?休憩すれば心身ともにリフレッシュされて活力が湧いて…
先生の解説をみる
藤本良士先生
国家公務員共済組合連合会 新小倉病院 藤本良士先生
お孫さんをはじめご家族にご心配を掛けたくないというお気持ち、よくわかります。私の診ている患者さんでも…
先生の解説をみる
石神昌昭先生
財団法人 日産厚生会 玉川病院 石神昌昭先生
お住まいの地域によっては糖尿病の患者さんが交流しながら、一緒に良好な血糖コントロールを目指す患者会が…
先生の解説をみる
矢賀健先生
[NEW]山口労災病院 矢賀健先生
近年インスリン治療薬も非常に進歩しており、低血糖になるのが比較的少ないタイプのインスリン治療薬も登場…
先生の解説をみる
伊藤裕之先生
[NEW]社会福祉法人 仁生社 江戸川病院 伊藤裕之先生
糖尿病について、患者さんの中で間違った認識が広がっているケースは少なくありません。「インスリン治療=…
先生の解説をみる
小見理恵子先生
湘南鎌倉総合病院 小見理恵子先生
あなたのような比較的若い患者さんには、インスリン治療がより効果的です。また、早いタイミングで始めるこ…
先生の解説をみる
清水美津夫先生
医療法人社団 清水内科 清水美津夫先生
インスリン治療を始めても、今までと変わらない生活を送ることができます。友人との大切な時間を過ごすこと…
先生の解説をみる
板橋直樹先生
いたばし糖尿病内科皮フ科クリニック 板橋直樹先生
ご質問された患者さんは、「すい臓の機能がダメになった・・・」と誤解してしまったようですが、まずは正確…
先生の解説をみる
黒木康雄先生
医療法人社団顕彰会 神戸百年記念病院 黒木康雄先生
30代の若い世代の方は、仕事やプライベートでも日常生活が不規則になり、暴飲暴食や運動不足になることも多…
先生の解説をみる
関口芳弘先生
青梅市立総合病院 関口芳弘先生
糖尿病治療でもそうですが、体重の管理は食事と運動が基本です。周りの人の視線を意識するあまり、その基本…
先生の解説をみる
岩城祥樹先生
いわき内科クリニック 岩城祥樹先生
20代から30代の方の糖尿病治療では、その先まだまだ長い人生が続いていきます。糖尿病で怖いのは合併症です…
先生の解説をみる
井上靖浩先生
[NEW]カメリア内科・糖尿病内科クリニック 井上靖浩先生
インスリン治療で使用される注射器にはいくつかの種類がありますが、細く、短ければよいというものではあり…
先生の解説をみる
その他インスリンにまつわる様々な情報は、こちらからご覧ください!
よくわかるインスリンTOPへ

ページの先頭に戻る