早めに開始する傾向は日本でも広がっている

米国糖尿病学会(ADA)や欧州糖尿病学会(EASD)では、様々な試験の結果を踏まえてインスリン治療を糖尿病治療に組み込むことを推奨しています。ADAやEASDでは、網膜症、腎症、神経障害などの合併症は血糖コントロールをすることで予防が可能であるとしたうえで、「より重要なのは、糖尿病治療を出来る限り早くから行うことであり、それによって心臓の病気(心筋梗塞・狭心症など)も抑えることができる」としています。インスリン治療はADAやEASDによる治療ガイドラインにおいて早期からの導入が推奨されており、世界的にもポピュラーな治療法です。日本においても、最近では臨床現場で同様にインスリンの外来での投与を早めに開始するケースが増えてきています。

再チェック
あなたの血糖コントロールは大丈夫?
再チェック
あなたの血糖コントロールは大丈夫?
血糖値が高いとどうなるの?
“ホルモン”としてのインスリンの働き
“ホルモン”としてのインスリンの働き
インスリン治療は、なぜ早くはじめたほうがよいのか?
インスリン治療は、なぜ早くはじめたほうがよいのか?
早くはじめるとすい臓の機能が回復しやすい
早くはじめると合併症になる可能性が下がる
すべての患者さんがインスリン治療を一生続けなければいけないわけではありません
早めに開始する傾向は日本でも広がっている
はじめようインスリン治療
はじめようインスリン治療
インスリン製剤の種類
インスリン治療の種類
インスリン治療Q&A
注射は痛くないの?
注射は難しくないですか?自分でうてるでしょうか?
いつまで注射をうつの?やめられるの?
インスリン治療は最後の手段って本当?
注射をはじめると生活スタイルは変わる?
インスリン治療って副作用は大丈夫?
糖尿病専門医からのリレーメッセージ
インスリン治療をためらう患者さんへ
東京医科大学 内科学第三講座 主任教授 小田原 雅人 先生
早い段階でインスリン治療を開始する
メリット しんクリニック 院長 辛 浩基 先生
糖尿病早期からのインスリン治療がもたらすもの 松葉医院院長 松葉 育郎 先生

インスリン-ライフ・バランス調査2 よりよい治療・血糖コントロールのためのヒントを探りました。

1日1回新しいインスリン治療BOTはコチラ

  • 糖尿病がよくわかる「DMTOWN」
  • サノフィ社のサイト ヘモグロビン・エー・ワン・シーのページへ
  • サノフィ社のサイトへ

ページの先頭に戻る