早くはじめるとすい臓の機能が回復しやすい

血糖値が高い状態が続くと、すい臓はインスリンを出そうと常に働き続けます。その結果、インスリンの分泌は徐々に少なくなり、やがては分泌そのものがなくなってしまう危険があります。

インスリンの働きが低下、もしくは無くなることは、身体の血糖を調整する働きが弱まることで、血糖コントロールが悪化し、血管が傷ついていくために、合併症の進展に大きく影響します。

糖尿病と診断されても、すい臓の機能が十分残っているうちに、より早くインスリン治療を始めて、体外から注射でインスリンを補充すると、すい臓の負担を減らすことができます。結果としてすい臓が正常に働けるように戻すことができる可能性もあります。
また、早期に治療を始めることで、注射も1日1回ですむ場合もあり日常生活への負担を軽減しより少ない注射回数から始めることができますし、お薬の量を減らすことができます。
治療がしっかり継続されれば、血糖コントロールもよくなり、合併症予防やその進展を遅らせることができます。また、血糖値・HbA1cが非常に高くなる前に早くはじめれば、インスリン治療をやめられることもあります。

早目のインスリン治療が「すい臓の機能回復」「より良い血糖コントロール」「合併症の予防」など多くのメリットをもたらすイメージ図

再チェック
あなたの血糖コントロールは大丈夫?
再チェック
あなたの血糖コントロールは大丈夫?
血糖値が高いとどうなるの?
“ホルモン”としてのインスリンの働き
“ホルモン”としてのインスリンの働き
インスリン治療は、なぜ早くはじめたほうがよいのか?
インスリン治療は、なぜ早くはじめたほうがよいのか?
早くはじめるとすい臓の機能が回復しやすい
早くはじめると合併症になる可能性が下がる
すべての患者さんがインスリン治療を一生続けなければいけないわけではありません
早めに開始する傾向は日本でも広がっている
はじめようインスリン治療
はじめようインスリン治療
インスリン製剤の種類
インスリン治療の種類
インスリン治療Q&A
注射は痛くないの?
注射は難しくないですか?自分でうてるでしょうか?
いつまで注射をうつの?やめられるの?
インスリン治療は最後の手段って本当?
注射をはじめると生活スタイルは変わる?
インスリン治療って副作用は大丈夫?
糖尿病専門医からのリレーメッセージ
インスリン治療をためらう患者さんへ
東京医科大学 内科学第三講座 主任教授 小田原 雅人 先生
早い段階でインスリン治療を開始する
メリット しんクリニック 院長 辛 浩基 先生
糖尿病早期からのインスリン治療がもたらすもの 松葉医院院長 松葉 育郎 先生

インスリン-ライフ・バランス調査2 よりよい治療・血糖コントロールのためのヒントを探りました。

1日1回新しいインスリン治療BOTはコチラ

  • 糖尿病がよくわかる「DMTOWN」
  • サノフィ社のサイト ヘモグロビン・エー・ワン・シーのページへ
  • サノフィ社のサイトへ

ページの先頭に戻る