ページの先頭です。

このページのスキップメニューです。
このページの本文
グローバルメニュー
フッターサイトマップ
トップページ
健診していますか?
糖尿病が気になる人へ
糖尿病の人に出会ったらどうする?
自己チェックしてみよう

1型ひろば

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

1型糖尿病語り場 本音リング

【1型糖尿病座談会】1型糖尿病と向き合う③ 「家族と自分自身と

私は結婚で相手の両親に挨拶に行った際、妻は看護師で、義母も看護師という状況でした。
収入とHbA1cの値をどちらも尋ねられたのは初めてでした。
義父が今一つわかっていなかったので、病気から説明しないといけませんでした。
「それは遺伝するのか」とかも聞かれました。
最後は妻が、「死ぬときは死ぬんだから良いんじゃないの?」という一言で終わりました。
家族の支えというのは大事だと思いますね。

自己紹介 毎日を快適に 暮らすコツ

私は家族からサポートをしてもらっていると常々思っております。
私は一人っ子でしたので、私がこの病気になってから、両親はほぼ私と一緒の生活になりました。
父は、血糖コントロールがどうというのはあまり言わないし、詳しいところまで理解しているかどうかもわからないくらいの日常生活を送っていたんですけど、授業参観とか運動会、学芸会などがあったら、必ず校長、担任に挨拶に行っていました。
高校受験の時、私はある進学校と、内部で医学部に入れる高校に受かって、どっちにしようか迷っていた時、内部で行けるところの方が医学部に行きやすいらしいから、お金がかかるけど頑張るよ、と言ってくれたので、こうやって医師になることができたというのが父の大きなサポートです。
母は、2型の糖尿病患者さんと同じように食品交換表を厳密にやってくれました。
当時はインスリンもアナログ製剤など無かったので、インスリンに食事を合わせないとコントロールがうまくいかない時代だったからです。
私がこういう病気になって、好き嫌いがあるとよくないのではないかとか思ってくれて嫌いなものでも色々なメニューで調理してくれて食べさせてくれたというのが非常に大きなサポートでした。
あと、学校に通っている頃、どんな事が起きても親が責任を取りますから、他の子どもと同じようにやらせて下さいというのを親が言っていたというのが、後になってわかったことがありました。
昨年結婚して、妻と二人で暮らしているのですが、妻も医師なのである程度病気の知識がありますし、同じ内科医なので、あまり他の方には参考にならないかもしれないのですが、食事の事は気を使ってくれています。
炭水化物の見積もりは私の方が得意なので、ごはんの量とかは私が主にやっています。
彼女からは、「自分より早く死ぬな」「私より1日でも長く生きなさい」と常々言われています。
そういう事を言ってきますけども、これをしてはいけない、とか言ってくる事は全然無く、私の自主性にまかせ、私がこれまでやってきたような事をサポートするというスタンスですので、妻には感謝しているところです。

自己紹介 毎日を快適に 暮らすコツ

私の父も母も糖尿病の事を詳しく知らなかったですね。
注射をしないと生きていけない病気というくらいにしか理解していませんでした。
商売をやっていたので、そっちで一生懸命でした。
ですから病気に関しては、とにかく先生の言う事を聞いて、自分で生きていけるようにしなさいというぐらいしか言われていません。
私が医者になりたいって言った時には賛成してくれ、私立の医学部しか通らなかったんですけど、その時に父親からは最大の金銭的な支援がありました。
それがきっかけになって父は、仕事にやる気が出来たし、商売も大きくする事が出来たって死ぬ時に言ってくれました。
そんなに細かい事を言わなかったけど、一人で生きていけるような大人になるという事は、幼い頃から言われていたので、13年前に父が亡くなった時、もう一人で生きていけるという事を認めてくれた気がします。
母も余り病気に関しては細かい事は言わなかったし、そんなに知らなかったと思います。
今のようにインターネットの情報などありませんでしたから。
私は大学から一人暮らしをはじめ、自分できちんと管理しなさいって言われていました。
本当に両親には、健康な人以上に心配をかけていたのだなと思っています。

自己紹介 毎日を快適に 暮らすコツ
  • 次のページへ

ページトップへ

座談会:1型糖尿病と向き合う(全3回シリーズ)
友達を作ろう!! 周りの人に自分の病気を知ってもらうこと 家族と自分自身と
ページ先頭へ戻る