ページの先頭です。

このページのスキップメニューです。
このページの本文
グローバルメニュー
フッターサイトマップ
トップページ
健診していますか?
糖尿病が気になる人へ
糖尿病の人に出会ったらどうする?
自己チェックしてみよう

トップページ の中の 1型ひろば の中の 患者さんの声

1型ひろば

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

患者さんの声

「糖尿病と共に普通の生活を送るためには、知識を身に付けることが大切です。」NEW!

カルフォルニア大学サンディエゴ校 内分泌・糖尿病・代謝学部 教授 スティーブン V.イーデルマン先生

15歳で1型糖尿病を発症、病と闘いながら医師を志す。現在、カルフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)の内分泌・糖尿病・代謝学部の教授を務める。
専門は糖尿病患者の教育で、患者教育、セルフケア、治療へのモチベーション向上を目的としてTaking Control of Your Diabetes (TCOYD)を設立、 アメリカのみならず全世界の糖尿病患者の為に精力的な活動を行っている。
2009年にはアメリカ糖尿病学会からDiabetes Educator of the yearとして表彰された。

「糖尿病を人に知ってもらうことはすごく大切」

音楽クリエーター 吉田 敬 さん

幼少のころから興味があったピアノを10歳から本格的に習い始める。12歳のときに1型糖尿病と診断される。14歳から作曲活動を始め、17歳のときに、YAMAHA EOSDAY'95にて九州内作曲部門で1位を獲得する。大学卒業後、サラリーマンをしながら様々なアーティストのサポートキーボーディストとして音楽活動する傍ら、自身ではシンセサイザーやピアノを組み合わせた独自の世界を創り上げていく。25歳からは独立して、作曲・創作・演奏活動を中心に、ラジオDJ、イベントMCなども行い、現在はプロデューサーとしても活躍している。

「足を止めなければ、前へ進めます。あきらめないってことが一番大事です。」

元シューティング(総合格闘技)選手 山田 学さん

10歳のとき1型糖尿病と診断される。17歳で運動療法のため空手を習いはじめ、大会で優勝し、初めて取材を受けた経験から、活躍すれば同じ1型糖尿病患者さんに「1型糖尿病であっても何でもできる」というメッセージを送れると思い、プロシューティング(総合格闘技)の道へ進む。引退するまで47戦を戦い抜いた。
引退式ではじめて1型糖尿病患者であることを発表した。
現在は、自転車世界選手権の出場権を得るため、松戸競輪場で選手と共にトレーニング中である。

「糖尿病はしっかりコントロールさえすれば何でもできる」

元セパタクロー日本代表選手 田尻 謙児さん

大阪府立摂津高等学校では、サッカー部に所属し、大阪府で3位となるが、
高校3年時にセパタクローを知り、国際武道大学でセパタクローを学ぶ。
大学卒業後はセパタクローの本場であるタイやマレーシアでの武者修行を経て、
日本へ帰国後、セパタクローチーム「SUITAKRAW(スイタクロー)」を設立。
1999年に1型糖尿病と診断されるが、セパタクローの日本代表選手として活躍。
現在はタイ料理屋を経営しながら、セパタクロー普及活動を行っている。

「自分のことをちゃんと人に伝えていこう」

日本IDDMネットワーク専務理事 大村 詠一 さん

インストラクターだった母の影響で4歳のときにエアロビックを始める。
8歳のときに1型糖尿病と診断されるが、10歳から競技エアロビックに転向。
2002,03年の国際エアロビック大会ジュニアの部で世界チャンピオン、

2012年には2人の妹とのトリオと男子シングルの部で日本チャンピオンとなる。

「糖尿病でも何でもできるっていうのは本当にそうだと思います」

新潟大学大学院 自然科学研究科 岡田 果純 さん

1型糖尿病発症は小学校3年生、病歴14年。
今年の3月に南米チリのアタカマ砂漠を舞台に行われた、世界一過酷と言われている、アタカマ砂漠マラソンに参加。1週間自給自足で250kmを走破するレースであり、そのレースを完走した。

「1型糖尿病でも変わらず、できるっていうのを、みんなに見せればいい」

大阪学院大学 陸上競技部 主将 中新井 美波 さん

小学校4年生の時に発症。主な今年の記録は
・日本選手権大会 3000m障害 6位
・関西インターカレッジ3000m障害 優勝 <大会新>
・日本個人別陸上競技選手権大会1500m3位 <大会新>
・3000m障害 関西学生記録保持者

「糖尿病と向き合っていたから、今まで囲碁をずっと頑張ることが出来た」

プロ囲碁女流棋士 木部 夏生 さん

アニメ「ヒカルの碁」で囲碁を知り、囲碁教室に通うようになり、小学4年生の時に院生へ。院生になった直後、一型糖尿病と診断された。病気を患いながら、病気との接し方を勉強し、2012年2月プロ試験に合格。

1型糖尿病 「諦めずにしぶとくやっていく」

国立病院機構米子医療センター 糖尿病診療部長 木村 真理 先生

膵臓移植をされている木村真理先生に1型糖尿病の治療と、今後の移植について、お伺いました。
糖尿病を発症してから40年経って元気でいられるのは、医療の進歩のおかげでもあるし、いろんな先生に巡り会ったおかげだと思っています。
『こういうことをしたい』『こういうふうに生きていきたい』という目標があれば、糖尿病だからできないということはないです。

1型糖尿病 「治療に対し決して諦めないこと」

慶應義塾大学医学部 腎臓内分泌代謝内科 助教 伊藤 新 先生

現在インスリンポンプを使用されている伊藤新先生に1型糖尿病と治療について伺いました。
1型糖尿病治療で重要な点は、治療を決して諦めないことです。
ご家族、周りの方も過度に特別扱いはせず、なるべく普段通りに接することを心がけてください。

1型糖尿病、二つの視点から

徳島大学糖尿病臨床・研究開発センター 助教 黒田 暁生 先生

ご自身も1型糖尿病である黒田暁生先生に1型糖尿病と治療について伺いました。先生によると、気を付けることはあるもののインスリンをしっかりと補充すれば普通の人と何も変わらない生活ができるとのことです。また、周りの人々が1型糖尿病の人を特別扱いしないことが患者さんに対する配慮だと助言されています。

ページ先頭へ戻る