ページの先頭です。

このページのスキップメニューです。
このページの本文
グローバルメニュー
フッターサイトマップ
トップページ
健診していますか?
糖尿病が気になる人へ
糖尿病の人に出会ったらどうする?
自己チェックしてみよう

トップページ の中の 1型ひろば の中の 患者さんの声 の中の 「足を止めなければ、前へ進めます。あきらめないってことが一番大事です。」

1型ひろば

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

患者さんの声

「足を止めなければ、前へ進めます。あきらめないってことが一番大事です。」

元シューティング(総合格闘技)選手 山田 学さん

10歳のとき1型糖尿病と診断される。17歳で運動療法のため空手を習いはじめ、大会で優勝し、初めて取材を受けた経験から、活躍すれば同じ1型糖尿病患者さんに「1型糖尿病であっても何でもできる」というメッセージを送れると思い、プロシューティング(総合格闘技)の道へ進む。引退するまで47戦を戦い抜いた。
引退式ではじめて1型糖尿病患者であることを発表した。
現在は、自転車世界選手権の出場権を得るため、松戸競輪場で選手と共にトレーニング中である。

「足を止めなければ、前へ進めます。あきらめないってことが一番大事です。」 クリックすると動画が再生されます。

ページ先頭へ戻る