ページの先頭です。

このページのスキップメニューです。
このページの本文
グローバルメニュー
フッターサイトマップ
トップページ
健診していますか?
糖尿病が気になる人へ
糖尿病と上手に暮らすために
糖尿病の人に出会ったら?

知って納得GLP-1 GLP-1とからだのこと

ご飯を食べると、食事に含まれているブドウ糖が小腸から吸収され、血糖値が上昇します。血糖値が高い状態はからだに悪影響を及ぼすため、ヒトのからだには血糖値を一定の値に保つしくみが備わっています。なかでも重要なのが、膵臓から分泌されるインスリンです。そのインスリンの分泌を促すホルモンの1つが、GLP-1です。

GLP-1がヒトの体内ではたらく様子をみていきましょう。
ヒトが食べ物を摂取し、食物が消化管に送られてくると、消化管はそれをいち早く感知して、小腸からGLP-1を分泌します。その後に起こる血糖値の上昇に備えるためです。

GLP-1は体内を移動して膵臓を刺激することで、インスリン分泌を促します。インスリンは血液中のブドウ糖が肝臓や筋肉などの臓器に取り込まれるのを促しますから、これによって血糖値は低下します。

注目したいのは、GLP-1がインスリン分泌を促すのは血糖値が高いときだけ、ということです。血糖値が低いときは、GLP-1は膵臓を刺激しないのです。

さらに、GLP-1には胃から小腸に食物が送られるのを遅らせ、血糖値を上がりにくくさせるはたらきや、食欲を抑えるはたらきもあるのです。

このようにGLP-1は多彩な作用を発揮して、とくに食後の高血糖にはたらきかけ、血糖値が一定の値になるように調整しています。

2型糖尿病の患者さんでは、健康な方に比べて、GLP-1の分泌量が少なく、そのはたらきが弱まっていることも分かっています。

豆知識

GLP-1とインクレチンの関係

「インクレチン」とは、小腸などの消化管から分泌され膵臓からのインスリン分泌を促すホルモンの総称で、GLP-1のほかにはGIPが知られています。DPP-4阻害薬やGLP-1受容体作動薬はインクレチンの作用で膵臓からのインスリン分泌を促すことから、インクレチン関連薬とも呼ばれています。

GLP-1は壊れやすい?

ヒトの体内では、小腸から分泌されたGLP-1はその分解酵素であるDPP-4によってわずか数分のうちに分解され、インクレチンとしてのはたらきを失ってしまいます。そこで、GLP-1のはたらきを長続きさせるお薬として開発されたのが、インクレチン関連薬です。

ページ先頭へ戻る