ページの先頭です。

このページのスキップメニューです。
このページの本文
グローバルメニュー
フッターサイトマップ
トップページ
健診していますか?
糖尿病が気になる人へ
糖尿病と上手に暮らすために
糖尿病の人に出会ったら?

知って納得GLP-1 GLP-1なっとく度チェック

なっとく度100%
あなたへのおすすめコンテンツはコレ!
GLP-1受容体作動薬を用いた新しい治療BPT

解説と回答

問題1:GLP-1は、血糖値を下げてくれる?

解説1:「はい」が正解です。

小腸で分泌されたGLP-1は、体内を移動して膵臓を刺激することで、インスリンの分泌を促します。インスリンは血液中のグルコースが肝臓や筋肉などの臓器に取り込まれるのを促しますから、血糖値は低下します。

問題2:GLP-1がはたらくのは血糖値が高いときって本当?

解説2:「本当」が正解です。

GLP-1は血糖値が高いときにインスリン分泌を促すホルモンで、血糖値が低いときにははたらきません。そのため、GLP-1受容体作動薬がもつインスリン分泌促進作用も、もともとヒトの体にあるGLP-1と同じように、血糖値が高いときに発揮されます。ただし、インスリン分泌を促す他のお薬と併用しているときは低血糖への注意が必要になります。

解説3:「本当」が正解です。

GLP-1には膵臓からのインスリン分泌を促す作用だけでなく、食欲を抑えるはたらきにも期待できます。GLP-1受容体作動薬を治療につかうと、食事の摂取量が減って体重の減少が期待できるためです。また、胃から小腸に食物が送られるのを遅らせて食後の血糖値を上がりにくくする作用もあります。

問題4:GLP-受容体作動薬とDPP-4阻害薬のはたらき方は同じ?

解説4:「いいえ」が正解です。

どちらも「インクレチン関連薬」に分類されますが、DPP-4阻害薬は、膵臓からのインスリン分泌を促すことで血糖を低下させます。一方、GLP-1受容体作動薬はインスリン分泌を促す作用に加え、胃から小腸に食物が送られるのを遅らせる作用があります。そのため、食後血糖値の低下効果に優れ、食欲を抑えるはたらきに期待できます。

あなたへのおすすめコンテンツはコレ!
GLP-1受容体作動薬を用いた新しい治療BPT
なっとく度0%
あなたへのおすすめコンテンツはコレ!
GLP-1をイチから学ぶなら・・・ GLP-1と からだのこと GLP-1と くすりのこと
治療のコツを通して、 GLP-1について学ぶなら・・・ 専門医が教える 2型糖尿病治療のコツ

解説と回答

問題1:GLP-1は、血糖値を下げてくれる?

解説1:「はい」が正解です。

小腸で分泌されたGLP-1は、体内を移動して膵臓を刺激することで、インスリンの分泌を促します。インスリンは血液中のグルコースが肝臓や筋肉などの臓器に取り込まれるのを促しますから、血糖値は低下します。

問題2:GLP-1がはたらくのは血糖値が高いときって本当?

解説2:「本当」が正解です。

GLP-1は血糖値が高いときにインスリン分泌を促すホルモンで、血糖値が低いときにははたらきません。そのため、GLP-1受容体作動薬がもつインスリン分泌促進作用も、もともとヒトの体にあるGLP-1と同じように、血糖値が高いときに発揮されます。ただし、インスリン分泌を促す他のお薬と併用しているときは低血糖への注意が必要になります。

解説3:「本当」が正解です。

GLP-1には膵臓からのインスリン分泌を促す作用だけでなく、食欲を抑えるはたらきにも期待できます。GLP-1受容体作動薬を治療につかうと、食事の摂取量が減って体重の減少が期待できるためです。また、胃から小腸に食物が送られるのを遅らせて食後の血糖値を上がりにくくする作用もあります。

問題4:GLP-受容体作動薬とDPP-4阻害薬のはたらき方は同じ?

解説4:「いいえ」が正解です。

どちらも「インクレチン関連薬」に分類されますが、DPP-4阻害薬は、膵臓からのインスリン分泌を促すことで血糖を低下させます。一方、GLP-1受容体作動薬はインスリン分泌を促す作用に加え、胃から小腸に食物が送られるのを遅らせる作用があります。そのため、食後血糖値の低下効果に優れ、食欲を抑えるはたらきに期待できます。

あなたへのおすすめコンテンツはコレ!
GLP-1をイチから学ぶなら・・・ GLP-1と からだのこと GLP-1と くすりのこと
治療のコツを通して、 GLP-1について学ぶなら・・・ 専門医が教える 2型糖尿病治療のコツ
ページ先頭へ戻る